■子供の身長の伸ばす要素

 

子供の身長は伸びてきています。

 

 

 

子供の身長は、年々伸びてきています。
現在の15歳の男子の身長の平均値は、168.5cm、女子は157.3cm
です。

 

 

この数値は、50年前と比べて10cm以上も伸びています。

 

 

運動能力の数値は年々下がってきていると言われてるのに、身長は伸びているの
です。

 

 

50年前と比べて身長を伸ばす原因となったのは何でしょうか?

 

 

また、身長を伸ばすためには、どのような要素が必要なのでしょうか。

 

 

■身長を伸ばすための要素とは

 

身長を伸ばすための要素は何でしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすためには、5つの要素があると言われています。

 

 

@遺伝子による影響
両親が身長が高ければ、子供も大きく育ちます。

 

 

両親の身長により、子供の身長の目安を計算する式があります。
男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

 

 

父親が170cm、母親が160cmの場合だと、男子の子供は
173.5cm、女子の子供は160.5cmとなる計算になります。

 

 

A食生活による栄養の摂取
身長を伸ばすために、一番大きな要因と言われています。

 

 

昔に比べて食生活の内容が、欧米スタイルの肉食に変わってきたのが
50年前と比べて平均身長が10cmも伸びた原因と言われています。

 

 

その中でも身長を伸ばすための栄養素があり、それを多く摂取することで
さらに大きく伸びる可能性が生まれます。

 

 

B睡眠時間による影響
「寝る子は育つ」と言われているように睡眠が大切です。

 

 

成長期に成長ホルモンが一番分泌されるのが、睡眠時間中と言われています。

 

 

そのため、睡眠時間が短いと身長を伸ばすための成長ホルモンが多く分泌
されないので、睡眠を十分とるのが大切です。

 

 

しかし、勉強やゲーム?の時間の増加のため、昔と比べて睡眠時間は
減ってきているようですが、平均身長は伸びています。

 

 

睡眠が身長を伸ばすための要因であることは間違いないでしょうが、
どれくらいとればよいかなどの具体的な数値は発表されていません。

 

 

C運動による影響
適度な運動をすることで、食欲も増し、体の成長が抑制されます。

 

 

野球やバスット、バレーボールなどのジャンプをする機会が多い
スポーツをする選手には高身長の人が多いと言われています。

 

 

しかし、子供の運動能力の数値は昔より落ちていますが、平均身長は
伸びています。

 

 

身長を身ばすための運動というのもあまり聞いたことがないので、
適度な運動はもちろん必要でしょうが、身長への影響ははっきり
わかりません。

 

 

D生活環境の変化による影響
昔と比べて生活環境が欧風になっているのも要因の一つでしょう。

 

 

昔は家庭内では、正座をしたりあぐらをかいたりして、直に畳などの
上に座って生活していました。

 

 

現在では、イスやソファーなどの欧風スタイルでの生活が増えています。

 

 

特に正座は、膝への悪影響が指摘され学校内では行っていないところも
多くあるそうです。

 

 

欧風スタイルへの変化のため、足の長い現在人のスタイルが生まれたと
思われます。

 

 

■身長を伸ばす栄養素

 

身長を伸ばすためには、どのような食事を取ればよいのでしょう。

 

 

 

昔は体を大きくするためには、牛乳がよいと言われていました。
必要以上の量を飲んでお腹を壊したりしたようです。

 

 

しかし、牛乳をいっぱい飲んでいても、それほど大きくない子供は
たくさんいました。

 

 

現在、身長を伸ばすための栄養素には、以下の4つの栄養素が影響している
と言われています。

 

 

@カルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Aタンパク質
人体を成長させるための重要な栄養素のひとつです。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
カルシウムとバランスよくとることで、働きが活発になります。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

C亜鉛
骨の成長に大きく働いているとされています。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

それぞれの身長を伸ばす栄養素を含む食品をバランスよくとることが
重要のようです。

 

 

取りすぎると悪影響がでる場合もあります。

 

 

サプリメントとして、それぞれの栄養素を含む商品も多く発売されて
います。

 

 

成分や摂取方法をよく確認して、試してみることをお勧めします。

 

 

■成長曲線と成長ホルモン

 

成長曲線からどのようなことがわかるのでしょうか。
成長ホルモンとは?

 

 

 

母子手帳には、一般的な児童の6歳までの身長、体重や頭位、胸囲の発育曲線と、
18歳までの成長曲線が記載されています。

 

 

成長曲線とは、横軸に年齢、縦軸に身長などの値を折れ線グラフにしたものです。

 

 

母子手帳には、その年齢の94%の児童のデータが5本のグラフで記載されています。

 

 

この5本のグラフの範囲に自分の子供があてはまれば、問題なく成長しているという
ことです。

 

 

しかし、成長は個人差があるので、必ずしも平均値のグラフに沿っている訳では
ありません。

 

 

もし、子供の身長が伸びないなどの症状が見られたり、成長曲線のグラフと著しく
異なる場合は、成長ホルモンの異常などの原因が考えられるので、医療機関に
相談した方がよいでしょう。

 

 

子供の身長を記録して、成長曲線を作成しておくと、異常が見られて医療機関に
相談した際に、大きな参考資料となるでしょう。

 

 

成長曲線での評価にはSD値というのが使われます。
SDとは統計学で標準偏差として使われる言葉で、子どもの身長の成長のバラツキ
の程度を表しています。

 

 

SD値が+2SDからー2SDの範囲だと問題が無いと言われています。
−2SDより以下の数値であると、低身長の問題が疑われます。

 

 

■身長が低いのは病気か

 

身長が低いというのは、病気なのでしょうか。

 

 

 

成長障害の原因による低身長という症状があります。
これは、同性で同年齢の児童の平均身長と比べて、身長が著しく低いか、または身長が
伸びる速度が著しく遅い場合の症状を言います。

 

 

ただ少しばかり周りに比べて身長が低い場合には、低身長とはいいません。

 

 

低身長が疑われる項目としては、次の2点があります。

 

 

@成長曲線の値が、身長が同性で同年齢の児童と比べて−2SD以下である場合
A1年間の身長の増加が、同性で同年齢の児童の平均値の80 %以下(小学校低学年では
約4cm以下)であり、これが2年以上続く場合

 

 

これらに該当した場合は、医療機関に相談することをお勧めします。

 

 

■低身長の原因

 

成長障害による低身長の原因は何でしょうか。

 

 

 

成長障害による低身長の症状がでる原因としては、以下のことが考えられています。

 

 

@成長ホルモンの異常
子供の成長に欠かせない成長ホルモンに異常がある場合です。

 

 

A骨や軟骨の異常
骨や軟骨に異常がある場合です。

 

 

B内蔵の異常
心臓や腎臓、肝臓、消化器官などに異常がある場合です。

 

 

Cその他
栄養状態の異常、心理的な問題などが考えられます。

 

 

また、遺伝的な要因や染色体の異常などの原因もあります。

 

 

この中で、成長ホルモンの異常という場合が多いようです。

 

 

■成長ホルモンの働き

 

成長ホルモンとはどこで生成されて、どのような働きをするのでしょうか。

 

 

 

子どもの成長に欠かせないホルモンには、成長ホルモンと甲状腺ホルモン、性ホルモン
があります。

 

 

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されます。
このホルモンは、主に肝臓に働きかけて骨の成長に必要である物質IGF−I(ソマトメジンC)
を製造させます。

 

 

IGFーIは、骨の成長を促進させ、身長を伸ばす重要な働きをしています。

 

 

甲状腺ホルモンにも骨を成長させる働きがあります。
これら2つのホルモンが不足すると、身長の伸びが低下する結果となります。

 

 

性ホルモンは、思春期の時期に骨を発育させる働きがあります。
思春期の時期に急激に身長が伸びるのは、このホルモンのおかげです。

 

 

成長ホルモンの不足で低身長となる症状が出た場合は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」
という病名で呼ばれています。

 

 

成長ホルモンの分泌は、思春期が一番多くなります。
思春期前と比べて、2倍くらいの分泌量があるそうです。

 

 

成長ホルモンは、特に睡眠時間に分泌量は増えるようです。
よって、十分な睡眠も成長に欠かせない要因のひとつです。

 

 

その後、加齢とともに成長ホルモンの分泌量は低下し、30、40歳台では思春期前の
半分くらいになり、50、60歳では3分の1くらいになります。

 

 

成長ホルモンは、体の成長を促す作用だけでなく、体の代謝を促進させる作用もあります。
病気への抵抗力や脂肪の燃焼、脳の疲労回復などの作用があるので、年をとっても
必要なものなのです。

 

 

■低身長症の治療

 

低身長症の場合は、どのような治療が行われるのでしょうか。

 

 

 

成長ホルモンの不足による低身長症が診断された場合は、成長ホルモンの投与が行われ
ます。

 

 

成長ホルモンは、薬により服用すると、消化されてうまく作用し無くなるので、注射器による
投与が行われています。

 

 

低身長症での治療は注射器による投与ですが、成長ホルモンの生成を助けるとされるサプリが
発売されています。

 

 

アルギニンなどのアミノ酸を含むものが多いようです。

 

 

しかし、低身長症の治療という面ではサプリではなく、ちゃんと医療機関に相談する方が
よいと思います。

 

 

 

■こんなにある!身長を伸ばすために必要な栄養素・ビタミン

 

身長を伸ばすために必要な栄養素・ビタミンは何でしょうか。

 

 

 

子供が身長を伸ばすための一番の要素は、食物です。
食物から得られる栄養素・ビタミンにより成長が抑制されます。

 

 

子供が成長期の間に身長を伸ばすために必要な栄養素には、
次のものがあります。

 

 

@カルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Aタンパク質
人体を成長させるための重要な栄養素のひとつです。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
カルシウムとバランスよくとることで、働きが活発になります。

 

 

骨の強度や弾力性を調整したりする働きも行うようです。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

C亜鉛
骨の成長に大きく働いているとされています。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

一方、身長を伸ばすために必要なビタミンには、次のものがあります。

 

 

@ビタミンD
小腸内でカルシウムやリンの吸収をよくし、骨や歯への沈着を助ける作用が
あります。

 

 

また、血中カルシウムの濃度を一定に保つ作用もあります。

 

 

ビタミンDを多く含む食品
・魚に多く含まれています。
・きくらげ、干しシイタケなど

 

 

AビタミンK
骨を構築していく際に、カルシウムを結びつける作用(石灰化)を促進します。

 

 

また、骨からカルシウムが出ていくのを防ぐ作用もあります。

 

 

ビタミンKを多く含む食品
・納豆、青菜(パセリ、しそ、ほうれん草など)

 

 

BビタミンC
タンパク質を生成する際に必要な成分です。

 

 

硬くしっかりした骨を作る際に必要な鉄分を血液で循環させる時に、鉄分の吸収力を
高める作用もあります。

 

 

ビタミンCを多く含む食品
・ピーマン、パセリなどの野菜類
・レモン、ゆず、アセロラなどの果実類

 

 

■(研究結果)「新潟県の学童の身長はなぜ高いか」について

 

研究結果では、新潟県などの北陸東北地方の県の学童の平均身長が高いという結果
があります。 なぜなのでしょうか。

 

 

 

平成8年から平成26年度までの統計によると、北陸、東北地方の県の学童の平均身長
が全国的に高い結果がでています。

 

 

2008年度では、新潟県が日本一となっています。
また、いつも高ランクに位置しています。

 

 

なぜ、北陸、東北地方で平均身長が高い結果が多いのでしょうか。

 

 

一つは、それらの地方の人は、体力的に優れているということが挙げられます。
雪道を歩いたり、雪かきをするなど強い体力を要求されることが多いからかもしれません。

 

 

また、それらの地方の人は、早寝・早起きで朝ご飯を欠かさず食べる習慣が多いそうです。
そのような生活習慣が成長ホルモンの増量に繋がっているのかもしれません。

 

 

ベルクマンの法則というものがあります。
ドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが1847年に発表したものです。

 

 

「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、
近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」というものです。

 

 

人間のような恒温動物は、寒冷な地域では体温を維持するために、体重当たりの体表面積を
小さくしようとするので、細い体となり体長(身長)が高くなります。

 

 

逆に温暖地域では、体から熱を発散させるために、体重当たりの体表面積を大きくしよう
とするので、太い体となり体長(身長)が低くなります。

 

 

ベルクマンの法則で、寒冷地方には体重の大きい人が多く生息するということなので
細く背の高い人が多くなる結果となったのかと思われます。

 

 

■新潟県の特徴

 

新潟県の特徴による身長との関係は?

 

 

 

新潟県はスポーツが盛んで、ジャイアント馬場やバレーの川合俊一など高身長の出身者
が多くいます。

 

 

新潟県人はコツコツ勤勉で仕事熱心と言われています。

 

 

一方、酒好きなのは日本一で、テレビゲーム購入額は全国2位、文房具購入額も2位と
運動を盛んにしているから背が高いというだけの理由では無いようです。

 

 

新潟県の生産物は米を始めとして、西洋なしの「ル レクチエ」、いちごの「越後姫」、
「にいがた和牛」等の農畜産物や「佐渡寒ブリ」などの水産物があります。

 

 

また、枝豆の消費は日本一で、豆類が好きな県と言われており、このようにコメや野菜、
牛肉や魚貝類など自県で生産している食物が多いのも背が高い要因に繋がっているのかも
しれません。

 

 

 

 

 

 

■栄養補助食品の活用方法

 

栄養補助食品にはどのようなものがあり、どのように活用すれば
よいのでしょうか。

 

 

 

健康食品は「保健機能食品」とそうでないものに分けられます。
保健機能食品とは、国が特定の機能の表示などを許可したもの
とされています。

 

 

保健機能食品には、「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」
の2種類があります

 

 

特定保健用食品(トクホ)は、製品ごとに有効性と安全性が国に審査
されて認可されているものです。

 

 

栄養機能食品は、表示できる栄養成分と量に基準がありますが、トクホの
ように製品が個別に審査されるわけではなく、あくまでも製造者の自己認証
で表示されているものです。

 

 

そのため、原材料の表示に効果がありそうな広告がされていても、有効性は
実証されていないので注意が必要です。

 

 

例えば、「○○エキス配合」と表示していても、どれだけの量をどのような方法
で配合しているかは不明です。

 

 

また、他の成分を混ぜていることがあり、それぞれの成分が影響しあうとか
臨床検査などを行っていないこともあります。

 

 

このように栄養補助食品にも色々な種類があるので、購入する前に調べた方が
よいでしょう。

 

 

■「ドクターセノビル」の口コミ

 

身長が伸びると評判のドクターセノビルの口コミは?

 

 

 

飲むだけで身長が伸びると評判のドクターセノビルの実際の口コミはどのような
評価なのでしょうか。

 

 

主な口コミとしては、次のような良い評価が多くありました。
・牛乳だけでは成長しなかった息子が順調に大きくなってきました。
・スカートの丈が短くなったような気がします。
・少しずつ身長が伸び、1年経過後にはクラスのなかでも3番目の身長になりました。
・夏休みの間だけで3センチ身長が伸びました。
・父親の身長を超えてしまいました。

 

 

悪い評価の口コミは、食品の効果のことではない内容がほとんどです。
・値段が高い!(通常購入で、60袋19600円)
・定期購入でも9800円もする。
・味が飽きてきた。

 

 

身長を伸ばすための薬は販売されていません。
サッカーのメッシは、注射による成長ホルモンの投与により低かった身長が、168cm
まで伸びたそうです。

 

 

ドクターセノビルは、特定保健用食品(トクホ)ではないその他の保健用食品です。

 

 

ドクターセノビルに含まれているどの成分が身長を伸ばすのに効果があるので
しょうか。

 

 

■ドクターセノビルの成分

 

ドクターセノビルに含まれている身長をのばすための成分とは。

 

 

 

ドクターセノビルに含まれている成分で、「アルギニン」というアミノ酸が身長をのばす
効果があるようです。

 

 

ドクターセノビルには、アルギニンが1袋2500mg含まれていて、これを1日に
2袋飲むことを奨励しています。

 

 

アルギニンは、豚肉や鶏肉、納豆などにも含まれていますが、1日5000mgを摂取
するのは、肉なら500g、納豆なら10パック食べないといけません。

 

 

アルギニンの効果としては、美肌や老化予防などのアンチエイジングが主な効果で、
最近はアスリートのための栄養素としてもよく活用されているそうです。

 

 

その効果があるアルギニンを子供へ与えれば、成長をサポートして身長が伸びるという
結果が生まれると期待されているようです。

 

 

また、アルギニンの他に以下の成分も含まれています。

 

 

・α-GPC
成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。

 

 

・ボーンペップ
骨の成長を助けるペプチドタンパク質です。

 

 

・オルニチン
肝臓の働きを助ける成分です。 疲労回復の効果もあります。

 

 

・シトルリン
血行を良くする効果があり、新陳代謝の向上が期待できます。

 

 

・ビタミンB群
ビタミンB1やB2、ナイアシン等を含みます。
炭水化物の代謝やエネルギーを作り出す作用があります。

 

 

・クエン酸
体内でエネルギーを作り出す作用があります。
また疲労の原因とされている乳酸を分解する作用もあり、疲労の回復にも効果があります。

 

 

■栄養補助食品を使用する時の注意事項

 

栄養補助食品を使用する時に事前に注意しないといけないことです。

 

 

 

栄養補助食品を使用する時には、以下のことに注意が必要です。

 

・アレルギーに注意する事
アレルギーを持っている人は特に成分のチェックを行いましょう。

 

 

・薬と併用しない事
薬を服用している人は、医者の許可なしに一緒に併用してはいけません。

 

 

薬の効果が薄れたり、効きすぎたりすることがあるからです。

 

 

・いくつもの製品を同時に摂取しない事
違う種類の製品を同時に摂取しないようにしましょう。

 

 

含まれている成分同士が反応して悪影響を及ぼすことがあるからです。

 

 

・一度に多く摂取しない事
早く効果が欲しいために一度に多くの量を摂取してはいけません。

 

 

アルギニンに関しては現在、取りすぎによる副作用は報告されていない
ようですが、使用上の説明にある以上の量は取らない方がよいでしょう。

 

 

■「のびのびスムージー」の良い口コミ・悪い口コミ

 

のびのびスムージーの評判はどうでしょうか。

 

 

 

のびのびスムージーは、福岡県にある健商株式会社が販売しています。

 

 

健康食品には、国が製品に対して有効性と安全性を審査して認可されている
特定保健用食品(トクホ)とそうでないものがあります。

 

 

のびのびスムージーは、トクホではない健康食品です。

 

 

背が伸びる効果がある健康食品として販売されていますが、口コミでの評判
はどうでしょうか。

 

 

良い評価の口コミには、次の意見がありました。

 

 

・背が低いことに悩んでいた娘が、これを飲み始めてから伸びたね!!っと
言われる事が増えたので,再び購入しました。伸びてるといいな〜

 

 

・小学6年生の息子用に購入しています。
この手のサプリには懐疑的でしたが、飲みはじめてから3袋目の現在、
久しぶりに会う人々から息子の大きくなったことを口にされます。
本当に続けて良かったです。

 

 

・周りの子供に比べてうちの子だけが背が低いのが気になっていました。
本人もずっと悩んでいたみたいで、ネットでいろいろ調べているとこの商品
を見つけました。 朝食時に牛乳に割って飲むだけで、成長期に欠かせない
栄養素がしっかり摂れるのでとても助かっています。

 

 

・子供の成長期に必要な栄養はビックリするほど多いし、それを食事だけで摂る
のは大変ですもんね。
飲み始めて1年になりますが、背の順で並んでも後ろから数えた方が早いぐらい
になったので、本当に続けて良かったと思います。

 

 

・息子はバスケをしているのですが、私と夫も背が低く、もちろん息子も背が低いです。
でも、半年たった今では家族の中で一番背が高くなりました。
遺伝なんて気にしなくていいんだと改めて思いました。今はなぜか夫も飲んでいます(笑)
さすがにあの年になったら伸びないと思いますけどね^_^;

 

 

反面、悪い評価の口コミには次の意見がありました。

 

 

・中3の息子の身長の伸びが悪くなってきたので、ダメ元でトライ。
結果うちの子には全く効果がありませんでした。
毎日身長を計っているのですが、飲み始めて1か月後、1ミリも伸びてないという・・・

 

 

・友達の息子(中学2年生)が飲み始めて約2週間程で伸びたと聞いて購入。

 

結果、うちの子供には全く効果がなく、2ヶ月目に入りましたが効果は出ていません (>_<)

 

美味しいので息子は飲み続けていますが、タダではないのでリピするか迷っています。

 

 

・のびのびスムージを飲んで、1週間ごとにちょっと測定するんですが・・・まったく
伸びず、親もショックですが、子どもが更にショックを受けています。
もう2か月目になるのですが、効果がないので、次を飲みきったらリピはちょっと考えます。

 

 

2、3カ月飲み続けたのに変化が無いというのが悪評の意見のようです。

 

 

効果が出てくるのが、人により時間がかかることがあり、1年続けてやっと効果が出始めた
という人もいるようです。

 

 

短期間で効果が無いと判断するのはよくないと製品のサイトでも書いていましたが、
どれくらいで見極めるかは難しい所です。

 

 

■のびのびスムージーの成分

 

のびのびスムージーの成分は。

 

 

 

のびのびスムージーの成分内容です。
1回分15gです。

 

 

アルギニン:70mg    亜鉛:0.045mg
カルシウム:400mg   鉄分:11.82mg
ビタミンD:2μg     ビタミンB1:1.296mg
ビタミンB2:0.79mg ビタミンB6:0.624mg
ビタミンB12:1μg   ビタミンE:6.284mg
ビタミンC:36.667mg

 

 

身長を伸ばす効果があるとされるアルギニンは、やや少なめですが、普段は摂取
しずらい成分も豊富に含まれているようです。

 

 

以下の子供にお勧めしているようです。
・野菜嫌いなどの理由で、栄養がかたよってしまっている子供
・錠剤より溶かして飲みたい子供
・どうも寝つきが悪い子供

 

 

身長を伸ばすだけでなく、子供の栄養を補給してくれる健康食品のようです。

 

 

■「カルシウムグミ」の良い口コミ・悪い口コミ

 

カルシウムグミの評価はどうでしょか。

 

 

 

カルシウムグミは、東京都港区にある有限会社ルーティが販売しています。
トクホではない健康食品です。

 

 

カルシウムグミは、モンドセレクション最高金賞受賞を5年連続取得している
そうです。

 

 

背が伸びる効果がある健康食品として販売されていますが、口コミでの評判
はどうでしょうか。

 

 

良い評価の口コミには、次の意見がありました。

 

 

・娘は大の牛乳嫌いなので、カルシウムグミで手軽にカルシウムを補えるのは
ありがたいです。 はじめてから、止まっていた身長が伸びました!

 

 

・効果ですが、半年もすると、親の170cmの身長を越すことができたので、
頼んでよかったと思います。 味が美味しいこともあって、無理なく続けられたので、
振り返っても大変だとは思いません。

 

 

・不足しやすいカルシウムなどのミネラルをお菓子感覚でちゃんと摂取できる
のが魅力。 子どもも「美味しい」と言って自ら毎日6粒数えて食べています。
出産後からカルシウム不足が気になっていたので、私も美味しく頂いています。

 

 

・外側の糖衣の食感がカリカリしていて噛みごたえのある食感で、とても美味しい
です。 味もヨーグルト、グレープ、イチゴの3種類から選べるのがいいですね。

 

 

・安全性が高いようですし美味しくカルシウムが摂れるので、安心して子どもに
与えられると思い選びました。 息子もとても気に入ったようで、1日6粒とのこと
ですが手元に置いていたら食べ過ぎてしまうくらい。

 

 

身長が伸びたというだけでなく、カルシウムを簡単に摂取できるというポイントも
好評のようです。

 

 

一方、悪い評価の口コミには、次の意見がありました。

 

 

・食生活やウォーキングやなわとびといった運動も行なわせるようにしましたが、
思うように伸びてはくれませんでした。 確かに摂取する前よりも、約1.5cmと
身長は伸びていますが、それは食生活や運動のおかげと思うほど、劇的な効果はない
ように思います。

 

 

・2ヶ月後に身長を測っても、何ミリ差とほとんど変わらない結果でした。
高い出費でこの結果は、本当にショックです。

 

 

・以前に使った物は、1ヶ月もすると身長に多少の変化があったのですが、こちらは
まったくです。 伸びる気配がないので、リピートはしないと思います

 

 

1ヶ月や2ヶ月で変化が出るというのは、難しいと思います。
半年は使い続けないと、効果は判断できないような気がしますが。

 

 

■カルシウムグミの成分

 

カルシウムグミの成分は。

 

 

 

カルシウムグミの成分です。
1回の使用量6粒の成分内容です。

 

 

エネルギー:23.4kcal  たんぱく質:0.5g
脂質:0.01g   炭水化物:5.2g  ナトリウム:0.7mg
カルシウム:233.8mg  マグネシウム:66.3mg  亜鉛:1.0mg
ビタミンD:1.9μg  ロイシン:5.0mg イソロイシン:2.5mg
バリン:2.5mg

 

 

子供が摂取しても問題ないように、安全性にこだわって作られているようです。

 

 

身長が伸びると言われるアルギニンは含まれていないようですが、カルシウムなど
子供が摂取した方がよい成分は豊富に含まれているようです。

 

 

身長を伸ばすだけではない効果で摂取する人もいるようです。

 

■「アスミール」の良い口コミ・悪い口コミ

 

アスミールの評価はどうでしょうか。

 

 

 

アスミールは、東京都渋谷区にある一番星/株式会社イッティが
販売しています。
背が伸びるという効果があるとしている健康食品です。

 

 

健康食品には、国が製品に対して有効性と安全性を審査して認可されている
特定保健用食品(トクホ)とそうでないものがあります。

 

 

アスミールは、トクホではない健康食品です。

 

 

背が伸びる効果がある健康食品として販売されていますが、口コミでの評判
はどうでしょうか。

 

 

良い評価の口コミには、次の意見がありました。

 

 

・アスミールを飲み始めて半年後、身長も大きくなったのもありますが、
何より体格がひとまわり大きくなってガッシリとしたので安心しました

 

 

・季節の変わり目でも、風邪を引かなくなりました【愛飲歴1年】

 

 

・5ヶ月が過ぎた頃にもう一度身体測定をしてみたんです。すると、11cmも
伸びていました。

 

 

一方、悪い評価の口コミには、次の意見がありました。

 

 

・背が伸びるように期待していたんですが・・【愛飲歴2ヶ月〜3ヶ月】

 

 

・ 気やすめ程度にしかならないかも・・【愛飲歴2ヶ月】

 

 

・ なんとか効果が現れてほしいが・・【愛飲歴3ヶ月】

 

 

飲み始めて2ヶ月や3ヶ月で効果が無いと判断する意見が多いようです。

 

 

効果には個人差もありますが、半年以上はかかることが多いので
どれだけ辛抱して使い続けるかがポイントかもしれません。

 

 

■アスミールの成分

 

アスミールの成分は。

 

 

 

アスミールの成分内容です。
一回の容量6gでの成分内容です。

 

 

ビタミンA:315μg    ビタミンD:3.75μg
ビタミンE:5.6mg    ビタミンB1:0.85mg
ビタミンB2:0.924mg ナイアシン:13.09mg
ビタミンB6:1.23mg  ビタミンB12:1.82μg
ビタミンC:60mg     カルシウム:488mg
マグネシウム:75.5mg  鉄:6.375mg
亜鉛:2.1mg       L−アルギニン:0.06mg
メロンプラセンタエキスパウダー:0.06mg

 

 

ビタミンやカルシウムなど成長に必要な成分は、多くの種類が使用されています。

 

 

しかし、身長を伸ばすのに効果があると言われているアルギニンは少ないように
思われます。

 

 

価格は他のものに比べて少し安めのようです。

 

 

■アスミールでの効果

 

アスミールを摂取することによる効果は。

 

 

 

アスミールのサイトでその効果を説明しています。

 

 

1.1日1杯飲むだけで1日の主要な栄養素の約8割が摂取できます。
2.成長ホルモンを活性化させる最適配合「ZAPバランス」を採用!
3.とにかく吸収力がいい!新配合「トリプルカルシウム」!
4.さらに、11種類のビタミンをバランスよく配合!
5.安全にもこだわり!国内工場で国内製造原料のみを使用!
6.魚嫌いでも大丈夫!DHAが手軽にとれます!
7.牛乳に混ぜて飲むのですがココア味なので牛乳嫌いな子でも

 

 

アスミールは1回6gを牛乳に溶かして飲むタイプのサプリです。
ココア味ですが、牛乳が苦手な子供にはつらいかもしれません。

 

 

■身長を伸ばす栄養素

 

身長を伸ばすためには、どのような栄養素を取ればよいのでしょう。

 

 

 

昔は体を大きくするためには、牛乳がよいと言われていました。
必要以上の量を飲んでお腹を壊したりしたようです。

 

 

しかし、牛乳をいっぱい飲んでいても、それほど大きくない子供は
たくさんいました。

 

 

現在、身長を伸ばすための栄養素には、以下の4つの栄養素が影響している
と言われています。

 

 

@カルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

Aタンパク質
人体を成長させるための重要な栄養素のひとつです。

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
カルシウムとバランスよくとることで、働きが活発になります。

 

 

C亜鉛
骨の成長に大きく働いているとされています。

 

 

それぞれの身長を伸ばす栄養素を含む食品をバランスよくとることが
重要のようです。

 

 

また、身長を伸ばすために必要なビタミンには、次のものがあります。

 

 

 

 

 

@ビタミンD

 

小腸内でカルシウムやリンの吸収をよくし、骨や歯への沈着を助ける作用が
あります。

 

 

 

また、血中カルシウムの濃度を一定に保つ作用もあります。

 

 

 

 

AビタミンK

 

骨を構築していく際に、カルシウムを結びつける作用(石灰化)を促進します。

 

 

 

また、骨からカルシウムが出ていくのを防ぐ作用もあります。

 

 

 

 

 

BビタミンC

 

タンパク質を生成する際に必要な成分です。

 

 

硬くしっかりした骨を作る際に必要な鉄分を
血液で循環させる時に、鉄分の吸収力を
高める作用もあります。

 

 

 

 

 

アスミールは上記のそれぞれの栄養素を含んでいるようです。