子供が低身長である親の体験談は?

子供が低身長である親の体験談は?

■子供が低身長である心配

 

自分の子供が低身長であるかもしれないと、親は心配しないといけません。

 

 

 

あれっ? なんかうちの子小さいんじゃないか?
同級生の××くんは、あんなに大きくなったのに? うちの子は小さいまま?

 

 

毎日見ていると、子供の成功にはあまり気が付かないものです。
友達といっしょに遊んでいる時にあれっと気が付くことが多いかもしれません。

 

 

低身長とは調査した子供の平均身長で、同年齢の子供の100人中2番目より
低い事を示すー2.0SDの値より低い数値の身長の場合にあてはまります。

 

 

低身長になる原因には、色々ありますが、早く処置をすれば身長が伸びだした
ということが多くあります。

 

 

子供の成長期間は限られています。
思春期が終わると、もうほとんど身長の伸びは止まってしまいます。

 

 

女子は初潮が来ると、その後3年〜4年で身長の伸びは止まってしまいます。
男子は、13歳〜17歳が特に伸びる期間となっていて、20cmくらいのびる
子供もいますが、それが終わると伸びなくなります。

 

 

低身長の疑いがある場合は、早目の対応をしないと間に合わなくなるという
ことです。

 

 

小さく生んで大きく育てるとよく言われましたが、最近は小さく生まれたままで
大きく育たない子供もいます。

 

 

高齢出産や、妊娠中のダイエットなどが原因で小さく生まれてしまい、生まれた後も
十分に栄養を取れていないことが原因ということが多いようです。

 

 

今に大きくなる! 大丈夫だろう。 という思い込みが危ないのです。

 

 

■子供が低身長の親の体験談

 

自分の子供が低身長である親の体験談です。

 

 

 

あと1年早く来て入れば・・・という先生の言葉が今でも忘れられません。
先生は「インターネットで身長を伸ばす方法は沢山出ているが、
全ていい加減な嘘だ。もう骨がくっついたら何をしても伸びないよ」とも続けました。
(今思い出してもこのアドバイスはいらなかったかな、と思います。)

 

 

いつも一緒に遊んでいる××ちゃんに言われました。
「○○ちゃんは、どうして大きくならないの?」
その時、初めておかしいことに気づいたのです。

 

 

身長が伸びないので心配していたけど、主人が「大丈夫、すぐ伸びるって」と言って
たけど、病院で検査してもらったら、成長ホルモンが少ないとの結果。
病院へ早く行ってよかったです。

 

 

いま思えば、身長が伸びる可能性があるうちに、
もっと身長が伸びる施策や、早めに医者に相談にいければ、
身長がまだ伸びたのかな、とも思います。

 

 

などの体験談がありました。

 

 

■治療時の体験談

 

自分の子供が低身長で、治療を行っている親の体験談です。

 

 

 

周囲の身内、友人、知人から「よく頑張ってるね。よく看てあげてるね。」と
励まされたことがうれしかったです。

 

 

いろんな方から「大きくなったね!しっかりしたね!」と言って頂く機会が
増えました。また、子供自身からも「注射頑張ればもっと強くなれるよね。」
という言葉を聞いたときにはうれしかったです。

 

 

特に言葉はありませんが、医師が親身に話してくれると安心感があります。
また、同じ治療を受けている方々との交流も心の支えになっています。

 

 

治療開始後に身長の伸びがよかったので、病院で身長を計るたびに看護師さんや
先生に「伸びたね」と言われたことが嬉しかったです。

 

 

主治医の先生が「効果がでているのでこのまま続けましょう」と言って下さった時
に勇気付けられました。

 

 

などの体験談がありました。

 

 

■体験談でわかること

 

低身長の子供を持つ親の体験談でわかることは。

 

 

 

低身長の子供を持つ親にとって、やはり一番の後悔は、もっと早く気づいてあげれ
ばよかったということのようです。

 

 

早く治療を始めれば、それだけ身長の回復は早くなります。

 

 

成長ホルモンの投薬を行う治療では、すぐに効果があり、身長が伸びてくるようです。
ただし、伸びの幅は縮まってくるので、治療期間は長くしないといけません。

 

 

子供の背が伸びる期間は決まっています。
思春期が終わると、ほとんど伸びなくなってしまいます。

 

 

思春期が終わってしまうと、成長ホルモンを投薬しても効果は、ほとんどありません。

 

 

よって、早期の治療開始が大切なのです。

 

 

低身長の治療は、成長ホルモンの投薬だけではありません。

 

 

成長ホルモンの治療は、体の病気が原因で成長ホルモンの分泌が正常に行われていない
場合に投薬されます。

 

 

成長ホルモンは分泌されているのに身長が伸びない場合もあるのです。

 

 

それは、栄養不足が主な原因です。
成長に必要な、タンパク質、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、ビタミンなどを十分に
取っていないことが原因となっています。

 

 

一日三食をきちんと食べていなかったり、食が細い、好き嫌いなどが見られないかを
チェックしてあげないといけません。

 

 

また、家庭や学校でのストレスが原因という場合もあります。
子供が悩みを抱えていないかもチェックしてあげないといけません。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?