子供が低身長かどうかのチェック方法

子供が低身長かどうかのチェック方法

■低身長かどうかのチェック

 

自分の子供が低身長かどうかをチェックしないtいけません。

 

 

 

自分の子供が、まわりの子供と比べて小さいなと思った時、低身長
という病気を心配しないといけません。

 

 

低いと言ってもどれくらい低ければ、心配しないといけないのでしょう。

 

 

子供は、突然大きくなります。
「すぐ大きくなるから心配しないでいい」と言われれば、「そうだな」と思って
しまうでしょう。

 

 

小さくても、賢ければいいと諦める親もいるかもしれません。
しかし、身長は努力すれば伸びるものなのです。

 

 

また、低身長という体の病気である場合は、早めの治療の開始が、身長の
回復を左右します。

 

 

よって、子供の身長が低いと思った時には、低身長かどうかのチェックを
行わないといけません。

 

 

低身長とは、同年齢の子供より低すぎる病気を指します。

 

 

■低身長かどうかをチェックする方法

 

自分の子供が低身長かどうかをチェックする方法は?

 

 

 

子供の身長が低いかどうかを判断するには、同年齢の子供の身長の平均が
分からなといけません。

 

 

でも平均からどれくらい低ければ、低身長を心配しないといけないのでしょう。

 

 

それが分かるのが、成長曲線と呼ばれているグラフです。
成長曲線とは、文部科学省が調査したデータをグラフにしたものです。
母子手帳にも記載されています。

 

 

成長曲線は、5本の折れ線グラフが書かれています。
+2.0SD、+1.0SD、平均、−1.0SD、−2.0SDの5本です。

 

 

平均はその年齢の子供の平均の身長となります。
−2.0SDで書かれたグラフの値より低い場合に、低身長を心配しないと
いけません。

 

 

−2.0SDとは、統計の数値で100人中2番目に低い値を示しています。

 

 

よって、−2.0SDより低ければ、100人の同年齢の子の中で2番目の子より
低いということとなります。

 

 

また、身長の伸び幅もチェックのポイントとなります。

 

 

今は低いけれど、伸び幅が大きければ、平均に追いつくのは大きな期待が持てます。
しかし、伸び幅があまり見られなければ、心配しないといけません。

 

 

その伸び幅も成長曲線の傾きで判断することができます。

 

 

すなわち、自分の子供の身長を定期的に測って記録し、成長曲線のグラフを作成
しておくことがチェックのポイントです。

 

 

■生活面でのチェック

 

子供の生活面でチェックしないといけない事とは。

 

 

 

身長が伸びない子供が、生活状態に問題がある場合があります。

 

 

@十分な栄養を取得していない
食生活に問題が無いかチェックしましょう。

 

 

・食べる量が少ない
・朝、昼、晩の三食をきちんと食べているか
・好き嫌いが多く、残している  などをチェックしましょう。

 

 

A睡眠時間が短い
・十分な睡眠を取っていない
・寝る前にゲームや携帯電話を触っていないか などをチェックしましょう。

 

 

寝ている間に成長を促す成長ホルモンが多く分泌されます。
十分な睡眠が大切なのです。

 

 

B間食や夜食を食べすぎていないか
間食(おやつなど)を食べすぎると、夕食が食べられなくなります。

 

 

夜食を食べすぎると、深い睡眠が得られません。

 

 

Cストレスを貯めていないか
ストレスが成長を妨げる要因となることがあります。

 

 

家庭内や学校でのストレスを貯めていないかをチェックしましょう。

 

 

両親の仲が悪い理由で、自立心が生まれて思春期が早く来てしまう子供
もいるそうです。

 

 

子供は思春期が来ると、身長の伸びが止まってしまいます。
思春期の前までにどれだけ大きくなったかが、身長の高さの差となります。

 

 

体の病気で身長が伸びない場合に、成長ホルモンの投薬で身長が伸びたという
子供が多くいます。

 

 

しかし、それも思春期が来ると効果が無くなってしまいます。

 

 

子供の身長が伸びるには期限があるので、身長が伸びていない場合は、早めの
チェックが必要となります。

 

 

体の病気が考えられる場合は、早めに医療機関へ相談した方がよいでしょう。

 

 

■栄養面でのチェック

 

食べている食事に身長を伸ばす栄養素が含まれているかをチェックしましょう。

 

 

 

 

身長を伸ばすために必要な栄養素には、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・
ビタミンD・亜鉛などがあります。

 

 

昔、親に「背を伸ばすためには、牛乳をいっぱい飲みなさい」とよく言われました。
牛乳にはカルシウムが多く含まれるからです。

 

 

しかし、牛乳を飲みすぎるとかえって吸収が悪くなることとなるのです。
また、背を伸ばすのに必要な栄養素は、カルシウムが主ではありません。

 

 

カルシウムは、骨を強く頑丈にする働きがありますが、骨を作る働きはありません。

 

 

骨を主に作る働きをするのは、タンパク質です。
タンパク質を多く含むのは、肉類などです。

 

 

欧米人と日本人の身長差は、肉を食べる量の差とも言われています。

 

 

肉は脂分を多く含むものがあるので、食べすぎると肥満になる心配があります。
脂分の少ない鶏肉にしたり、調理方法などで脂分を抜いたりする工夫が大切です。

 

 

ほかに、背が伸びる栄養素を含むものには、魚介類や豆類、乳製品、野菜に卵などが
あります。

 

 

熱を加えると栄養分が失われたりする場合もあるので、料理方法にも心がける
ことが必要です。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?