子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか

子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか

■中学生で身長はどれくらい高くなるか

 

中学生の時に子供は、どれくらい身長が伸びるのでしょうか。

 

 

 

中学生の頃に男の子は、思春期を迎えはじめます。
髭が生えたり、声が変わったり大人への変化が始まります。

 

 

そして、身長も急激に伸びるようになります。

 

 

男子中学生の平均身長と体重です。
12歳  152.3cm 43.9kg
13歳  159.5cm 48.8kg
14歳  165.0cm 54.0kg

 

 

1年間で身長が7cmくらいも伸びています。
10cm以上伸びる子供もいます。

 

 

これは、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンの分泌が、思春期を
迎える12歳ころから増えてくるためです。

 

 

成長ホルモンの分泌量が多いと、それだけ身長は高くなります。

 

 

中学生の頃の女の子は、多くの子がすでに初潮を迎えていて、思春期
が終了しつつあります。

 

 

女子中学生の平均身長と体重です。
12歳  151.8cm 43.7kg
13歳  154.8cm 47.1kg
14歳  156.5cm 49.9kg

 

 

1年間の身長の伸びが2〜3cm程度で、男子と比べて大きな差が
あります。

 

 

小学校高学年の頃の平均身長は、男子より女子の方が高い結果となって
います。
それが、中学校の頃に男子に大きく抜かされてしまうのです。

 

 

身長が伸びるのは、骨の端にある「骨端線」と呼ばれる部分が成長している
ためです。

 

 

この骨端線が閉鎖してしまうと、骨の成長が無くなり、身長の伸びは止まって
しまいます。

 

 

女性は初潮を迎えるとは、骨髄戦を閉鎖する作用を起こします。
そのため、身長の伸びが止まってしまうのです。

 

 

初潮が来てから、3〜4年くらいで身長の伸びがほぼ止まるのが一般的です。
しかし、多少は個人差があります。

 

 

成長のピークは、男子で12歳〜15歳、女子で10歳〜12歳です。
その期間に成長ホルモンの分泌が多くなるからです。

 

 

■低身長かどうかの心配

 

子供が低身長かどうかを心配しないといけない身長は?

 

 

 

自分の子供が、同学年の友達より極端に低いと見える場合には
低身長の心配をしないといけません。

 

 

低身長とは、同年齢の子供100人中2番目の子供より低い背のこと
をさします。

 

 

成長曲線という文部科学省が調査した指標のグラフがあるのですが
そこでー2.0SDというグラフの数値が、100人中2番目の子の
身長を示しています。

 

 

現在のー2.0SDの数値です。

 

 

 年齢    男子        女子
12歳   133.9cm   137.0cm
13歳   140.7cm   142.3cm
14歳   148.6cm   145.3cm

 

 

この身長より低い場合は、低身長の心配をしないといけません。

 

 

しかし、特に男の子の場合は思春期をこれから迎えるので、身長が
急激に伸びるかもしれません。

 

 

でも、もし伸びないまま思春期が終わると、身長は低いままです。

 

 

■低身長の治療

 

低身長の治療とはどのようなこと行うのでしょうか。

 

 

 

低身長となる原因には、栄養不足などによる場合と体の病気が原因の場合が
あります。

 

 

体の病気による原因でのほとんどは、成長ホルモンの分泌不足です。
よって、治療は成長ホルモンを投薬することとなります。

 

 

成長ホルモンは口から服用しても効果が無いので、注射器でお尻などへ注入
します。

 

 

治療の開始は早ければ早いほど、標準慎重に追いつくことができます。
しかし、中学生の頃に治療を開始するとなると、大きな効果は無いかも
しれません。

 

 

身長が伸びるのは、「骨端線」が成長しているためですが、思春期が終わると
この骨端線が閉鎖してしまうので、骨の成長が無くなり、身長の伸びは止まって
しまいます。

 

 

骨髄線が閉鎖してしまうと、いくら成長ホルモンを投薬しても身長は伸びません。

 

 

男の子の場合は、中学生の頃から大きく伸びる時期なので、成長ホルモンの
投薬は、ある程度効果は期待できるかもしれません。

 

 

もし、この時期に成長ホルモンが無いと身長は伸びませんから。

 

 

女の子の場合は、初潮を迎えているかどうかが問題となります。
初潮を迎えると、3年〜4年で骨髄線が閉鎖してしまうからです。

 

 

中学生ならギリギリ間に合って、成長ホルモンを投薬すると、少しは伸びるかも
しれません。

 

 

治療しない場合よりは、身長は伸びるでしょうが、低身長の発見は速い方が
よいのです。

 

 

■中学時代に、より身長を伸ばすために

 

中学時代に、より身長を伸ばすためには何をすればよいでしょう。

 

 

 

中学時代に、より高く身長を伸ばすためには、以下のことを行いましょう。

 

 

@十分に栄養をとる
一日三食をきちんと取りましょう。 朝食は特に重要です。

 

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウムや亜鉛など身長を伸ばす効果の高い
食事を取ることも大切です。

 

 

間食や夜食は、悪影響を与える場合があるので、極力避けましょう。

 

 

A十分に睡眠をとる
夜の就寝中に成長ホルモンが多く分泌されます。

 

 

深い睡眠で十分な睡眠時間を取ることが大切です。

 

 

Bしっかり運動をする
体を動かして、しっかり運動すると、食事がよりおいしく感じられ一杯食べられ
ます。

 

 

また、深い睡眠も得られるので、しっかり運動を行いましょう。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?