低身長や低体重の子供は病気なのか

低身長や低体重の子供は病気なのか

■低身長、低体重の子供が心配

 

自分の子供が低身長や低体重だと心配している方へ

 

 

 

母子手帳には、生まれてきた子供の身長と体重の記録を付ける成長曲線のグラフが
ついています。

 

 

成長曲線とは、横軸に年齢、縦軸に身長などの値を折れ線グラフにしたものです。

 

 

母子手帳で成長曲線を記録する表には、一般的な子供の平均値として、6歳までの
児童の身長、体重や頭位、胸囲の発育曲線と、18歳までの成長曲線が記載されています。

 

 

それらの児童のデータが5本のグラフで記載されています。

 

 

この5本のグラフの範囲に自分の子供があてはまれば、問題なく成長しているという
ことです。
成長には個人差があるので、必ずしも平均値のグラフに沿っている訳ではありません。

 

 

しかし、平均値のグラフから大きく離れていたり、身長、体重の伸びである曲線の傾きが
少なすぎた場合は、医師へ相談した方がよいと思います。

 

 

成長ホルモンの分泌の異常等の病気による原因が疑われるからです。

 

 

■低身長になる原因

 

低身長になってしまう原因とは何でしょうか。

 

 

 

子供が低身長になる原因としては、以下のことが考えられています。

 

 

@成長ホルモンの異常
子供の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌に異常がある場合です。

 

 

A骨や軟骨の異常
十分に骨や軟骨が成長しないという異常がある場合です。

 

 

染色体に異常があることも考えられます。

 

 

B子宮内での発育不全によるもの
母親の子宮内での発育時に十分に発育していないことが原因となるものです。

 

 

C内蔵の異常
心臓や腎臓、肝臓、消化器官などに異常がある場合です。

 

 

D遺伝的な要因
両親のどちらかが低身長である場合など、遺伝的な原因に用るものです。

 

 

Eその他
栄養状態の異常、心理的な問題、染色体の異常などが考えられます。

 

 

この中で、成長ホルモンの分泌に異常があるという場合が多いようです。

 

 

成長ホルモンを投薬すれば、身長が伸びたという例も多いので、早目の診断を
仰いだ方がよいでしょう。

 

 

■低体重になる原因

 

低体重になってしまう原因とは何でしょうか。

 

 

 

子供が低体重になる原因としては、以下のことが考えられています。

 

 

 

生まれた時に標準の体重より小さい場合があります。

 

 

赤ちゃんが生まれた時の体重が2500g未満の場合、「低出生体重児」と呼ばれています。
さらに1500g未満の場合は「極低出生体重児」、1000g未満の場合は「超低出生体重児」
と呼ばれています。

 

 

以前は「未熟児」と呼ばれていましたが、現在では上記のように呼ばれています。

 

 

出産予定日より早く生まれる早産の場合に、低出生体重児が生まれやすくなります。

 

 

しかし、以下の原因で早産ではないにもかかわらず、低出生体重児が生まれる場合が
あります。

 

 

@母親が高血圧によるもの
妊婦である母親が高血圧出会った場合、胎盤の血管に圧力がかかってしまうことで、赤ちゃんに
十分な栄養が送れなくなるため、成長が妨げられる症状です。

 

 

A妊娠中の喫煙や飲酒によるもの
母親が喫煙や飲酒をすることにより、へその緒の血管が収縮し、十分な栄養を赤ちゃんに
遅れなくなることによるものです。

 

 

喫煙の場合には、母親の血液中の酸素が減るので、赤ちゃんが低酸素状態となり、脳の発育
に影響が出ることがあります。

 

 

Bダイエットによるもの
ダイエットをすることにより、赤ちゃんに送られる栄養が減ってしまう原因によるものです。

 

 

C歯周病
母親が歯周病になると、歯周病菌が赤ちゃんへ移ってしまい、成長を妨げる影響があるよう
です。

 

 

D母親の病気によるもの
その他、母親が糖尿病やガンなどの病気であったりすると、赤ちゃんに影響が考えられます。

 

 

生まれた時は、低出生体重児であった赤ちゃんが、大きく育つことは多々あります。
低出生体重児であっても、母乳やミルクなど十分な栄養を与えて、赤ちゃんの成長の状態を
チェックすることが大切です。

 

 

もちろん、無理に与えすぎは良くないですが。

 

 

生まれた時は標準に近い体重であったのに、その後体重が増加に異常がある場合は、赤ちゃんの
内蔵などに障害があることが考えられます。

 

 

そのような場合は、早めに医者へ相談して診断を仰ぐことが必要です。

 

 

■成長曲線で分かる低身長の疑い

 

成長曲線を作成しておくと、低身長かどうかの判断ができます。

 

 

 

成長障害が原因となって、低身長という症状となる場合があります
これは、同性で同年齢の児童の平均身長と比べて、身長が著しく低いか、または身長が
伸びる速度が著しく遅い場合の症状を言います。

 

 

ただ少しばかり周りに比べて身長が低いだけでは、低身長とは呼びません。

 

 

母子手帳にあるグラフで成長曲線を付けて、標準値と比べることで、低身長と疑われる
場合が、次の2点あります。

 

 

@成長曲線の値が、身長が同性で同年齢の児童と比べて−2SD以下である場合
A1年間の身長の増加が、同性で同年齢の児童の平均値の80 %以下(小学校低学年では
約4cm以下)であり、これが2年以上続く場合

 

 

これらに該当した場合には、医療機関に相談することをお勧めします。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?