子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか

子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか

■低身長の名医

 

低身長を診察、治療してくれる名医はいるのでしょうか。

 

 

 

名医の定義はいろいろあります。
一般的には、評判によって名医だと信じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

外科手術を行う医者であれば、一流の医者であるかどうかはわかりやすいかも
しれません。

 

 

手術以外で、体を見る内診だけで医者の質を判断する項目は何でしょうか。

 

 

考えられるのは、次のポイントかもしれません。

 

 

・大病を見逃さない
現在は、体の調子が良くても隠れている病気があるかもしれません。

 

 

・診断が丁寧
時間をかけて、じっくり診察してくれる医者は、安心できます。

 

 

・説明が丁寧
病気の現状や治療方法などを詳しく説明してくれる医者は、信頼できます。

 

 

・言葉がやさしい
元気づける言葉をかけてくれると、うれしいものです。

 

 

これらは、医者という職業の中のサービスの一環かもしれません。
この推測は、お医者さんに失礼かもしれません。

 

 

言葉遣いが荒かったり、見放すような態度や言葉をかけられると、医者の評判は
一気に落ちてしまします。

 

 

しかし、現在の医療は、機械により診断することが多くなっています。

 

 

その診察用の医療機械が最新かどうか、機械を操作する人が優秀かなどが
診察の判断の確率を上げる要素かもしれません。

 

 

よって、病院を選択するのは、名医がいるかという判断ではなく、最新の機械が
導入されているかどうかということも重要かと思います。

 

 

低身長かどうかの診断は、どのように行うのでしょうか。

 

 

■低身長の診断内容

 

医療機関では、低身長かを診断するのに、どのような検査を行うのでしょうか。

 

 

 

低身長かどうかを医療機関で調べてもらう場合は、以下の検査を行います。

 

 

・スクリーニング検査
低身長かどうかを最初に行う検査です。

 

 

@成長曲線での確認
子供の今までの成長記録を確認して、成長の過程を確認します。

 

 

現在まで、子供の成長記録を付けていたかどうかが重要となります。

 

 

A手の骨のレントゲン撮影
骨(特に軟骨)の成長に問題がないかを、手の骨のレントゲンで検査します。

 

 

B尿中の成長ホルモンを測定する
成長ホルモンは夜寝ている際に多く分泌されるので、その量を尿から測定します。

 

 

朝一番の尿で検査します。

 

 

C血液の検査
血液中の成長ホルモンの量を測定します。

 

 

血液中の「ソフトメジンC」というホルモンの量を測定することで、体内の
成長ホルモンの大体の分泌量がわかります。

 

 

・成長ホルモン分泌刺激試験
スクリーニング検査の結果、成長ホルモンの分泌に問題があると思われる場合に
行います。

 

 

@成長ホルモンの分泌を促す薬を服用か注射により投薬します。

 

 

A一定時間ごとに静脈から採血を行います。
2〜3時間にわたって、数回の採血を行います。

 

 

この検査により、成長ホルモンが本当に不足しているのか、不足している場合は
どの程度不足しているかがわかります。

 

 

成長ホルモンが不足していれば、不足している原因をさらに調べていきます。

 

 

■低身長を診断する医院

 

低身長を診断するには、どこの医院へ行けばよいのでしょうか。

 

 

 

低身長となる主な原因としては、成長ホルモンの分泌の不足という要因がある
場合が多いとされています。

 

 

成長ホルモンを専門に診断している医療科は、「小児内分泌科」や「内分泌内科」
という科になります。

 

 

成長科学協会という財団法人に加入している医師が多いようです。

 

 

その科には専門の医師がいますが、中には、一般の小児科や整形外科にも、低身長の
診断ができる医師がいる場合があります。

 

 

まずはいつも行っている、かかりつけの小児科で相談してみるのがよいでしょう。

 

 

もし、他の医療機関へ行かないといけない場合は、紹介状を書いてもらえます。

 

 

低身長を診断、治療できる医院は、大変少ない状態です。

 

 

日本の都道府県でも、1県に1箇所しかないところもあり、5カ所以内という
県も多いくらい、少ないのです。

 

 

■成長科学協会とは

 

成長科学協会という財団法人がありますが、どんな事をするのでしょうか。

 

 

 

成長科学協会は、1977年に設立され、2010年7月に内閣総理大臣より
公益財団法人に認定されました。

 

 

活動目的は、次の項目があります。
・成長に関する科学の研究及びその助成
・成長障害疾患・間脳下垂体疾患の予防、診断、治療
・さらにそれらの疾患の予後調査のための研究開発、助言及び協力
・関連する医薬品及び医療機器の研究開発及び製造に対する指導及び協力

 

 

これらを行うことで、「国民医療と公衆衛生の向上に資することを目的」としている
ようです。

 

 

低身長などの成長障害に関する研究を行っています。

 

 

成長ホルモンの安全性や有効性を明確にするためのデーターベースの作成なども行って
いるようです

 

 

少なくても、この協会に属している医者を探すことが、よい医者に巡り合える方法
かもしれません。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?