子供が低身長にならないためのホルモンとは

子供が低身長にならないためのホルモンとは

■体を作るホルモンとは

 

体を作るのに必要であるとされるホルモンとは何でしょうか。

 

 

 

ホルモンとは、体内の特定の器官で合成され分泌される特殊な化学物質です。
分泌されたホルモンは、血液などの体液を伝わって働きを行う体の細胞へ運ばれ、
機能を発揮します。

 

 

ホルモンには数100以上の種類があります。
それぞれのホルモンは、特定の器官や細胞にしか作用しません。

 

 

対象となる細胞の特定の酵素の合成を盛んにすることにより、代謝を促進させる
働きを行います。

 

 

しかし、ホルモンの詳細な作用については、まだ分かっていないことが多いようです。

 

 

ホルモンを作る内分泌腺という器官は、下垂体、甲状腺、上皮小体、膵臓、胸腺、副腎、
性腺、松果体などがあります。

 

 

ホルモンには、アミノ酸系とステロイドがあります。

 

 

アミノ酸系はタンパク質やアミノ酸からできていて、ほとんどのホルモンはこの種類
の分類されます。

 

 

ステロイドはコレステロールから合成されるもので、副腎皮質から分泌されるホルモンと
男性ホルモン、女性ホルモンがこの分類にあたります。

 

 

身長を伸ばす機能がある成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されます。

 

 

また、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンも身長を伸ばす機能があるとされて
います。

 

 

■成長ホルモンとは

 

身長を伸ばす機能がある成長ホルモンとは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

 

成長ホルモンは、ヒト成長ホルモン(hGH)と呼ばれ、脳の一部である脳下垂体前葉
で作られる特殊なホルモンです。

 

 

このホルモンは、骨の先端にある「骨端線」と呼ばれる軟骨の増殖を促す働きがあり
ます。 この軟骨の像直の効果で身長が伸びるのです。

 

 

成長ホルモンの分泌量は3〜17歳が多く出されますが、20歳〜25歳を超えると
急に少なくなります。

 

 

それに、17歳あたりの思春期が終わる頃には、「骨髄線」が閉鎖されてしまうので、
身長の伸びは止まってしまうのです。

 

 

しかし、成長ホルモンの働きはこれで終わりではありません。

 

 

身長を伸ばすという働きの他に、筋肉や髪を作る(タンパク同化作用)、脂肪分解作用、
肌がスベスベになる(皮下組織水分貯留作用)などの効果があります。

 

 

アンチエイジング(老いをくい止める)効果があるのです。
年をとっても成長ホルモンは、必要なホルモンなのです。

 

 

■成長ホルモンの分泌が正常でない場合

 

成長ホルモンの分泌が正常に行われないとどうなるのでしょうか。

 

 

 

成長期に成長ホルモンは、身長を伸ばすという働きを行います。

 

 

もし、成長ホルモンの分泌が少なかったらどうなるでしょうか。

 

 

低身長という症状があります。
同年齢の100人中2番目の子よりも低い身長を指します。

 

 

成長ホルモンが少ないと、低身長となってしまいます。
成長ホルモンを分泌する脳下垂体に異常があったりする場合に見られます。
「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と呼ばれています。

 

 

このような場合には、成長ホルモンを注射器で投薬してあげると、身長が
伸びる子が多くいます。

 

 

もし、成長ホルモンの分泌量が通常より多ければどうなるのでしょうか。

 

 

背が異常に高くなる巨人症になったり、成人後に体内に残る成長ホルモンの
過剰が長く続くと顎や額が飛び出してくる末端肥大症になる事があります。

 

 

脳下垂体腺腫などの病気で、成長ホルモンの分泌過剰になることがあります。

 

 

その他にも高血圧、高脂血症、糖尿病、無月経、また合併症で心肥大、大腸癌
なども考えられます。

 

 

■身長を伸ばすためにその他に必要なホルモン

 

身長を伸ばすために、成長ホルモン以外に必要なホルモンとは、何でしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすために、成長ホルモン以外で以下のホルモンが必要とされて
います。

 

 

@甲状腺ホルモン
甲状腺から分泌されるホルモンです。

 

 

甲状腺ホルモンのサイロキシンには、成長促進、骨格筋の発達促進、代謝の促進、
交感神経系の活動促進、知能の発達促進などの効果があります。

 

 

A睡眠ホルモン
メラトニンと呼ばれるホルモンです。

 

 

網膜が暗さを感じた時に脳内に分泌される、脳内神経伝達物質といわれるホルモン
です。

 

 

成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。
メラトニンは、睡眠を促すホルモンなので、成長ホルモンの分泌を助けます。

 

 

Bセロトニン
朝に多く分泌され、一日のやる気をキープしてくれる神経伝達物質のひとつです。

 

 

セロトニンが多く分泌されると、脳の学習能力をあげる効果があり、ストレスが
少なくて済む結果となります。

 

 

ストレスを解消するには、カルシウムやビタミンを使用しないといけないと言われて
います。

 

 

背を伸ばす効果がある栄養素のカルシウムやビタミンを違う目的で使用されてしまう
のです。

 

 

セロトニンは、ストレスを減らすので、カルシウムやビタミンを無駄使いされない
効果があるのです。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?