子供が低身長となる原因は?

子供が低身長となる原因は?

■低身長の原因は?

 

低身長となる原因は何でしょうか。

 

 

 

子供の身長が、同学年の他の子供と比べて低すぎると感じた場合に
低身長と呼ばれる病気かもしれないと疑うこともあるでしょう。

 

 

子供の身長を記録したグラフを成長曲線と言います。
このグラフから低身長かどうかを診断することが最初の方法です。

 

 

同年齢の平均値の成長曲線と比べて、どれだけ差があるかがポイント
となります。

 

 

この評価にはSD値というのが使われます。
SDとは統計学で標準偏差として使われる言葉で、子どもの身長の成長のバラツキ
の程度を表しています。

 

 

SD値が+2.0SDから−2.0SDの範囲だと問題が無いと言われています。
−2SDより以下の数値であると、低身長の問題が疑われます。

 

 

−2.0SDとは、同年齢の子供100人中低い方から2番目くらいの値を示して
います。

 

 

ただ、これだけでは低身長だと断定することはできません。
低身長となる原因には、病気である場合とそうでない場合があるのです。

 

 

■低身長となる病気

 

低身長となる病気にはどのような物があるのでしょうか。

 

 

 

低身長となる、体の病気には以下のものがあります。

 

 

@子供の成長を促すホルモンの異常
子供の成長を促すホルモン(成長ホルモンや甲状腺ホルモン)の不足などが
原因となる病気です。

 

 

成長ホルモンは、脳の下垂体から指示されて分泌が行われます。 その指示
が正しく出されていないという病気です。

 

 

甲状腺ホルモンは、のどの奥の甲状腺から分泌されますが、甲状腺の機能が
悪いことが考えられます。

 

 

A染色体の異常
ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群と呼ばれる、生まれつき染色体に
異常がある場合の病気です。

 

 

B骨や軟骨の異常
骨や軟骨の成長に異常がみられる病気です。
「軟骨異栄養症」などがあります。

 

 

C内蔵の病気
心臓や腎臓、肝臓、消化管などの臓器に異常がある場合です。

 

 

D生まれつき小さく、成長が悪い
生まれつき小さい身長、体重で生まれて、その後大きく成長していない場合
です。

 

 

「低出生体重性低身長症」と呼ばれています。
3歳くらいまでに、標準に近い大きさに成長する子供も多いですが、大きく
成長しない子供も中にはいます。

 

 

■病気ではなく低身長になる原因

 

体の病気が原因ではなく、低身長になる原因です。

 

 

 

前項の体に異常がある病気の原因で、低身長となる場合以外の
原因です。
医学的には「特発性低身長」と呼ばれています。

 

 

@遺伝的な原因
両親のどちらかの背が低いなどの遺伝的な原因による場合です。

 

 

A体質的な原因
その子供の成長がゆっくりとしているなどの体質的な原因による場合
です。

 

 

思春期が遅いなどの体質の場合に見られることが多いようです。
思春期を迎えると、信じられないほど速い速度で伸びる子供もいます。

 

 

逆に思春期が早くきすぎた子供は、成長が急に伸びなくなってしまう
ようです。

 

 

B精神的な原因
特別な原因は見当たらないのに、身長が伸びない場合に、精神的な原因が
考えられます。

 

 

生活環境やストレスなどが原因により、体の成長に悪影響があり低身長と
なる結果になっているようです。

 

 

C3歳までの栄養不足
前項の病気が原因で低身長となるもので、生まれつき小さい子供の場合に
十分な栄養の摂取が不足していることが原因によるものです。

 

 

普通の大きさで生まれた子供でも、3歳までに十分な栄養をとらないと
成長に影響がでてしまいます。

 

 

母親がダイエットなどで十分に栄養を取っていないために、母乳に栄養が
足りず、赤ちゃんの成長に影響が出るという場合もあります。

 

 

これらのように子供が大きく育たない理由には、色々なことが考えられます。

 

 

子供に異常を感じた場合は、医療機関への早めの相談をお勧めします。
そのためにも成長記録をつけ、成長曲線のグラフを作成してチェックする
ことが大切です。

 

 

■身長が伸びるための要素

 

身長が伸びるために必要な要素とは。

 

 

 

身長を伸ばすためには、5つの要素があると言われています。

 

 

@遺伝子による影響
両親が身長が高ければ、その子供も大きく育ちます。

 

 

B睡眠時間による影響
成長期に成長ホルモンが一番分泌されるのが、睡眠時間中です。

 

 

そのため、睡眠時間が短いと身長を伸ばすための成長ホルモンが多く分泌
されなくなるので、睡眠を十分とるのが大切です。

 

 

C運動による影響
適度な運動をすることで、食欲も増し、体の成長が抑制されます。

 

 

D生活環境による影響
ストレスのない生活環境が大切です。

 

 

E十分な栄養の摂取
特に身長を伸ばすための栄養素には、次のものがあります。

 

 

カルシウム、タンパク質、亜鉛、ビタミンD、マグネシウムの5つの栄養素
に効果があると言われています。

 

 

成長期には、これらの栄養素を含んだ食物を十分に取るようにしましょう。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?