子供が低身長にならないように背を伸ばす方法

子供が低身長にならないように背を伸ばす方法

■子供の身長を伸ばすには

 

子供の身長を伸ばすには、どうすればよいでしょうか。

 

 

 

 

いつも遊んでいる友人がどんどん大きくなっていくのに、うちの子供は
あまり変わらない。

 

 

まあ、そのうち大きくなるだろうと思っていると、手遅れになることが
あるのです。

 

 

子供の身長が伸びる期間は決まっています。
思春期が終わる頃には、身長の伸びも止まってしまうのです。

 

 

その期限までに伸ばさないと、手遅れになるのです。

 

 

まず、身長を伸ばすために行うこと、それは十分に栄養を取ることです。
食べるものと一緒に、生活も見直す必要があるかもしれません。

 

 

成長するための食生活を送ることが、身長を伸ばすために一番必要なの
です。

 

 

それでも伸びない場合は、他に原因が考えられます。
親が小さいなどの遺伝的なことがあれば、仕方ないのかもしれません。

 

 

他の原因として、体の病気かもしれないし、精神的な要因でも伸びない
ことがあります。

 

 

精神的な要因を解消すると、伸びる可能性は大いにあります。

 

 

体の病気の場合は、医療機関での治療が必要となります。
しかし、治療によって伸びることがあります。

 

 

■身長を伸ばすための食生活

 

身長を伸ばすための食生活とは、何をすればよいのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすだけでなく、成長するためにしっかりと食事を取らないと
いけません。

 

 

一日三食、十分な量を食べましょう。 好き嫌いも直した方がよいで
しょう。

 

 

食べ物の中で、特に身長を伸ばすために必要な栄養素があります。

 

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンです。

 

 

これらの栄養素を多く含む食べ物を食べればよい訳ですが、いつも出てくる
食べ物に多く含まれています。
肉、魚、豆類、乳製品、卵、野菜などです。

 

 

いつも出てくる食べ物をしっかり食べていれば、通常には大きくなれること
です。

 

 

しかし、それだけでは十分ではありません。

 

 

まず、十分な睡眠が必要です。
成長を促す成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。
寝る子は育つということです。

 

 

また、一日三食をしっかり食べるために、体を動かす運動が必要です。
運動することにより食欲が増すし、睡眠もしっかり取れます。

 

 

やってはいけないことは、間食を多く取ったり、夜にゲームなどで遊んで
睡眠時間が短くなることです。

 

 

間食を取ると、食事が十分に食べられないことがあります。
また、肥満になってしまうと、身長は伸びにくくなるのです。

 

 

食べ物で注意しないといけないことは、肥満にならないようなメニューを
考えることです。

 

 

糖分や脂分をできるだけ控えた食事を考えましょう。

 

 

■医療機関で治療する

 

医療機関で治療すると身長が伸びるのでしょうか。

 

 

 

低身長症という病気の症状があります。

 

 

同年齢の100人の中で2番目に低い子よりも低い身長の場合に、低身長と
言います。

 

 

これは、文部科学省が調査した成長曲線という値で、−2.0SDの値よりも
身長が低いということで、判断できます。

 

 

低身長の場合には、医療機関での診察を行う必要があります。
体の病気が原因で身長が伸びないという症状になっているかもしれない
からです。

 

 

多くの場合は、成長を促す成長ホルモンの分泌が正常に行われていない
ということがあります。

 

 

その他も低身長となる要因の病気はありますが、これらの病気の治療としては
成長ホルモンを投薬するというものになります。
注射器でお尻などに、ほぼ毎日注射する治療となります。

 

 

成長ホルモンを投薬すると、身長は伸びてくることが多いようです。
しかし、通常の身長に近づけるためには、思春期が終わるころまで治療を続けないと
いけません。

 

 

また、治療の開始は早ければ早いほどよいので、早目の医療機関への診察を
行うべきなのです。

 

 

■身長の伸びには個人差がある

 

身長が伸びる速度は、子供により個人差があります。

 

 

 

低身長でなければ、しっかりと栄養を含んだ食べ物を食べて、しっかり寝ると
よいのですが、それでもすぐに伸びない子供もいます。

 

 

男の子は、13歳から17歳のころに身長が急激に伸びます。
一年で15cm近く伸びる子が多くいます。

 

 

それも多少は個人差があって、伸びる時期が異なるようです。
男の子は思春期が、このころに来るという理由のようです。

 

 

女の子は、逆に13歳までに大きくなります。
このころは、男子よりも平均身長が高いため、小学校の高学年では、男子よりも
背の高い女の子はたくさんいます。

 

 

しかし、その後女の子は身長の伸びは衰え、男子に抜かされてしますのです。

 

 

それは、女子は、このころに初潮を迎えるからです。
初潮が来ると、その後3〜4年で身長の伸びは止まってしまうのです。

 

 

よって、初潮を迎える時期が遅い女の子の方が、身長は大きくなるようです。

 

 

このように、子供の身長の伸びは思春期と大きく関係しているのです。

 

 

欧米人が日本人より大きいのは、日本人は欧米人より早く思春期を迎える
傾向にあるからだそうです。

 

 

また、家庭や学校などでストレスがたまるような悩みが多いと、思春期を早く迎える
結果となることがあるようです。

 

 

できるだけストレスを貯めないように、気をつけてあげましょう。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?