子供が低身長となる脳腫瘍とは

子供が低身長となる脳腫瘍とは

■成長ホルモンの不足が低身長の原因

 

成長を促す成長ホルモンの分泌が不足していると、低身長となります。

 

 

 

子供が成長するためには、成長ホルモンが必ず必要です。

 

 

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されます。
このホルモンは、主に肝臓に働きかけて骨の成長に必要である物質IGF−I(ソマトメジンC)
を製造させます。

 

 

IGFーIは、骨の成長を促進させ、身長を伸ばす重要な働きをしています。

 

 

低身長の検査を医療機関で行う際には、成長ホルモンの分泌を促す薬を服用した後
血液検査で、IGF−Iの濃度を測定します。

 

 

IGF−Iの濃度により成長ホルモンの分泌量がわかるのです。

 

 

成長ホルモンの不足で低身長となる症状が出た場合は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」
という病名で呼ばれています。

 

 

成長ホルモンの分泌は、思春期の時期に一番多く分泌されます。
思春期前と比べて、2倍くらいの分泌量があるそうです。

 

 

成長ホルモンは、特に睡眠時間に分泌量は増えるようです。
よって、十分な睡眠も成長に欠かせない要因のひとつです。

 

 

その後、加齢とともに成長ホルモンの分泌量は低下し、30、40歳台では思春期前の
半分くらいになり、50、60歳では3分の1くらいになります。

 

 

成長ホルモンは、体の成長を促す作用だけでなく、体の代謝を促進させる作用もあります。
病気への抵抗力や脂肪の燃焼、脳の疲労回復などの作用があるので、年をとっても
必要なものなのです。

 

 

このように成長に必要な成長ホルモンですが、分泌不足の原因として脳腫瘍という
場合があるのです。

 

 

■子供の脳腫瘍とは

 

子供の脳腫瘍とは、どのような病気なのでしょうか。

 

 

 

脳腫瘍とは、頭の中の脳にできる腫瘍(できもの)です。
良性腫瘍と悪性腫瘍(ガン)があります。
小児の脳腫瘍は、白血病に次いで多い悪性腫瘍です。

 

 

1年間で10万人に2人の確率で発症しているようです。
成人でも脳腫瘍は発症しますが、小児と発生する腫瘍の種類や部位
が異なるようです。

 

 

小児に発生する脳腫瘍の種類は、非常に多く、治療方法も多種多様で
複雑になるようです。

 

 

また、成人では約9割の脳腫瘍が大脳に発生します。
しかし小児では約6割が小脳や脳幹に発生します。

 

 

成長ホルモンは、脳下垂体からの指令で分泌されます。
これが、脳腫瘍の障害で分泌されなくなってしまうのです。

 

 

「下垂体性小人症」という病気で呼ばれることもあります。

 

 

■脳腫瘍の症状

 

脳腫瘍がある場合の症状は、どのようなものでしょうか。

 

 

 

脳腫瘍の影響と思える症状には、次のことがあります。

 

 

・頭痛、嘔吐
・集中力、視力の低下
・ふらつく、まっすぐに立てない
・元気がない
・口が乾いてたくさんの水を飲む
・夜中にトイレへ多く行く、夜尿をする
・身長が伸びない
・急激に痩せる
・低血圧、低血糖
・小さい子供に初潮が来る、陰毛が生える

 

 

これらの異常に気が付いた場合は、早急に医療機関へ診断へ行かないと
いけません。

 

 

■脳腫瘍の治療方法

 

脳腫瘍の治療方法とは。

 

 

 

脳腫瘍の検査は、MRI検査を行います。
MRIは磁気を使用して、患部の詳細な映像を映すことができます。
小児にも安全に検査を行うことができます。

 

 

治療方法には次のものがあります。

 

 

@外科手術
外科手術で腫瘍を取り除きます。
良性腫瘍の場合は、外科手術だけで完治が可能です。

 

 

現在は、手術の技術が向上していて、後遺症も少なくなってきているようです。

 

 

A放射線療法
外科手術で取りきれない良性腫瘍や、悪性の脳腫瘍では放射線治療が必要となります。
重要な治療方法のひとつです。

 

 

腫瘍の細胞を殺したり、転移を防ぐ効果があります。

 

 

しかし小児では、脳への悪影響が心配されています。
年齢により治療の度合いを変えていくなどの慎重な計画が必要となります。

 

 

B化学療法
化学療法剤(抗癌剤)を使用する治療です。

 

 

副作用は減っているようですが、まだ問題のある治療方法です。

 

 

小児の脳腫瘍は、種類が多くそれだけ治療方法も多種多様で複雑となります。
経験の豊富な医師への治療を依頼した方がよいでしょう。

 

 

■低身長の治療方法

 

低身長の治療方法とは。

 

 

 

成長ホルモンの分泌不足で低身長となっている場合の多くの治療は、成長ホルモンの
投薬を行います。

 

 

成長ホルモンの治療では、「ヒト成長ホルモン製剤」を注射で投薬します。
ヒト成長ホルモン製剤は、脳下垂体から分泌されている成長ホルモンと同じ構造の
薬で、日本以外でも世界各国で使用されています。

 

 

成長ホルモンはタンパク質でできているので、飲み薬で補充すると、胃でアミノ酸に
分解されてしまい、効果が得られません。
そのため、成長ホルモンの投薬は注射器を使います。

 

 

脳腫瘍の治療と、成長ホルモンの治療を同時に行いたい場合は、医師によく相談して
行わないといけません。

 

 

成長ホルモンは、副作用はないと言われていますが、異常が発見された場合は
投薬を中止して、医師に相談しましょう。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?