子供が低身長かもしれないと悩む人へ

子供が低身長かもしれないと悩む人へ

■子供の身長が伸びない

 

子供の身長が伸びない場合は、低身長症の可能性があります。

 

 

 

子供、特に男の子は、ある時期から急に身長が伸び始めるので、今小さくても心配
していないという親も多くいると思われます。

 

 

しかし、低身長症と言って身長が伸びない病気があるのです。

 

 

低身長とは、身長が同年齢の子供の100人中2番目に低い子よりも低い状態を
示します。

 

 

低身長となる原因には、体に何らかの異常がある「病気が原因による場合」と
「病気が原因ではない場合」があります。

 

 

病気が原因による場合は、以下の病気が考えられます。

 

 

@成長ホルモン分泌不全性低身長症
子供の成長を促す「成長ホルモン」の分泌不足によるものです。

 

 

A甲状腺機能低下症
成長ホルモンと同じく、成長を促す「甲状腺ホルモン」の分泌不足によるものです。

 

 

BSGA性低身長症
母親の子宮内で十分に成長していないまま、平均よりも身長・体重が小さく生まれる
「子宮内発育不全」です。

 

 

3歳までに通常の大きさに成長する場合がほとんどですが、まれに大きくならない
子がいます。

 

 

Cターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群など
生まれつき染色体に異常があることによるものです。

 

 

D軟骨異栄養症
骨や軟骨に異常があり、身長が伸びない病気です。

 

 

E内臓疾患
心臓、肝臓、消化器などの臓器に疾患があることで栄養を取り込むことができない
ことによるものです。

 

 

これらの体の病気が原因の場合は、早急に医療機関での治療が必要となります。

 

 

成長ホルモンを投薬すれば、身長が伸びたという子供が多くいます。

 

 

ところが、低身長の原因には、体の病気が原因でない場合があるのです。

 

 

それは、悩みというストレスが関係しているようです。

 

 

■病気が原因ではない場合の低身長

 

体の病気が原因でなく低身長となる場合の原因とは、何でしょう。

 

 

 

体の病気が原因でなく低身長であると診断されることを「特発性低身長」と言われて
います。

 

 

意外と低身長の子供には、病気でなく特発性低身長のケースが多いようです。

 

 

特発性低身長には、次のような原因があります。

 

 

@家族性低身長
親のどちらかが低身長であるなどの遺伝的な要因によるものです。

 

 

A体質性低身長
成長のスピードが遅い、オクテと言われるような子供の体質的な要因によるものです。

 

 

B原発性低身長
特に原因が見当たらないのに身長が伸びない場合を示します。

 

 

生活環境でのストレス、家庭内や学校内でのストレスを発散できずに貯めていることが
体の成長に悪影響を及ぼしていると考えられています。

 

 

子供が悩みがありそうな顔をしている時には、相談相手になって上げることが大切
です。

 

 

■生活状態を見直そう

 

子供の生活状態を見直すことで、何かわかるかもしれません。

 

 

 

子供の身長を伸ばすために必要なことが守れているかを確認しましょう。

 

 

@きちんと栄養のある食べ物をしっかり食べているか

 

・成長を促す栄養素を含んだ食べ物を食べているか
・一日三食を欠かさず、十分な量を食べているか

 

 

成長を促す栄養素には、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD・亜鉛など
があります。

 

 

A十分な睡眠時間を取って、深い睡眠を取っているか
成長を促す成長ホルモンは、睡眠時間中に多く分泌されます。
睡眠時間が短く、深く寝ていないと成長ホルモンが十分に分泌されません。

 

 

夜中にゲームやスマホなどで遊んでいると、睡眠不足の原因となります。

 

 

Bしっかり運動して体を動かしているか
日中にしっかり体を動かすと、食の量が増えます。
また、深い睡眠を取ることができます。

 

 

C悩みを抱えていないか
悩みを抱えていると、食が進まなかったり、深い睡眠が得られなくなります。

 

 

■悩みを発散する方法

 

子供に悩みがあるような場合に、発散させる方法はあるのでしょうか。

 

 

 

悩みなどのストレスを発散する方法を大人であれば、ある程度知っているでしょう。

 

 

お酒を飲む、カラオケで歌う、好きなものを食べるなど人により色々発散方法は
あると思います。

 

 

子供の場合はストレスを発散する方法を知らない子が多いと思います。
ゲームで発散したりする子もいるかもしれません、

 

 

しかし、子供が一番ストレスを発散する方法は、体を動かすことだと思います。
汗をかいて夢中になって遊んだりすることが、一番子供らしい姿でしょう。

 

 

ところが、最近の子供はあまり外で遊ばなくなっているようです。
公園で遊んでいる子供を、トンと見なくなりました。

 

 

外で子供だけで遊ぶと危険とか、子供一人で外出させられないなどの、最近の風潮
があるのかもしれません。

 

 

体を動かすことができないのであれば、せめて話し相手になってあげましょう。
ストレスの悩みを解決する方法を見つける手助けができれば、最高です。

 

 

それができなくても、子供は本当に困った時に助けてくれる人を感じることが
できるでしょう。

 

 

それだけでも子供にとって、大きな支えになると思います。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長となる場合の症状は?
子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?