子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?

子供が低身長かと心配な場合はどう判断すればよいか?

■低身長かもしれない子供に関する心配事

 

背の低い子供を持つ親は心配事がいっぱいです。

 

 

 

同年齢の子供より自分の子供の身長が低いと思える時には、親は心配事が
いっぱいでしょう。

 

 

このまま伸びないんじゃないか? 伸びなかったらどうしよう?などと
心配すると思います。

 

 

「牛乳をもっともっと飲みなさい!」 と子供に言ったり、「ぶら下がり健康器を
買わないといけない」などと思ったりするかもしれません。

 

 

しかし、このようなことは、背を伸ばすためには間違ったことが多いのです。

 

 

牛乳をいっぱい飲んでも、それほど効果はありません。
飲みすぎるとお腹を壊したり、かえって吸収を悪くする要因にもなるのです。

 

 

そもそも牛乳にはカルシウムが多く含まれていますが、カルシウムだけでは
身長は伸びません。

 

 

他にも必要な栄養素はたくさんあります。

 

 

ぶら下がり健康器でぶら下がると、身長が伸びると信じられています。
しかし、関節の軟骨部分が一時的に拡張するだけで、身長を伸ばすまでの効果は
認められていないのです。

 

 

このように心配事は多くても間違ったことを行うのは意味がありません。

 

 

それに、心配しているということを子供へ気を使わせることは、子供にストレス
を与えることになり、かえって身長を伸ばすには逆効果なのです。

 

 

■背が小さい子供に心配しないといけない事

 

子供の背が小さい場合には、どのような事を心配しないといけないのでしょうか。

 

 

 

自分の子供の背が同年齢の子供と比べて低い場合には、以下の事柄を心配をした方が
よいでしょう。

 

 

@食事の量や栄養は足りているか。
一日の食事を取る量は少なくないか、体を作るための栄養素は足りているかを確認
します。

 

 

おやつや夜食などを食べすぎるとかえって逆効果となるので、注意しましょう。
一日三食を朝からきちんと取ることが大切です。

 

 

A睡眠は十分か。
「寝る子は育つ」の言葉通り、十分な睡眠が背を伸ばすには必要なのです。

 

 

背を伸ばす成長ホルモンの分泌は、睡眠中に多く行われます。
夜にゲームやパソコンなどをして夜更かししていないかを確認しましょう。

 

 

電気を消灯して真っ暗にして寝ることも、深い睡眠には必要です。

 

 

B昼間に十分な運動を行っているか。
昼間に体を動かして遊んでいるかを確認します。

 

 

十分な運動を行うことで、食欲が増してきちんとご飯を食べ、十分な睡眠も取る
ことができます。

 

 

C精神的なストレスなどはないか。
家庭内での問題や学校での問題などで子供がストレスをためていないかを確認します。

 

 

ストレスが原因で身長が伸びなかったり、思春期が早く訪れる結果となる場合があり
ます。

 

 

思春期が終わると身長の伸びは止まってしまうので、できるだけ思春期は遅く来る
方がよいのです。

 

 

D低身長となってしまう病気ではないか。
低身長となる原因として、体に異常がある場合があります。

 

 

早く治療を行わないと本当に背が伸びなくなる結果となるので、医療機関へ診察に
行った方がよいでしょう。

 

 

医療機関へ相談へ行かないといけないという判断は、子供の成長曲線での身長の数値
が―2.0SDよりも低い場合に行います。

 

 

■低身長となる体内の病気

 

低身長となる体内の病気にはどのような物があるのでしょうか。

 

 

 

低身長となる、体内の病気には以下のものがあります。

 

 

@子供の成長を促すホルモンの分泌不足
子供の成長を促すホルモン(成長ホルモンや甲状腺ホルモン)の分泌量の不足などが
原因となる病気です。

 

 

成長ホルモンは、脳の下垂体から指示されて分泌が行われます。 その指示が正しく
出されていないという病気です。 脳自体に障害がある場合があります。

 

 

甲状腺ホルモンは、のどの奥の甲状腺から分泌されますが、甲状腺の機能が
悪いことが考えられます。

 

 

A染色体の異常
ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群と呼ばれる、生まれつき染色体に異常が
あるという病気です。

 

 

B骨や軟骨の異常
骨や軟骨が正しく成長されないという異常の病気です。
「軟骨異栄養症」などがあります。

 

 

C内蔵の病気
心臓や腎臓、肝臓、消化管などの臓器に異常がある場合です。

 

 

栄養のある食事をしても、吸収がうまく行われていないということも考えられます。

 

 

D生まれつき小さく、成長が悪い
生まれつき小さい身長、体重で生まれて、その後大きく成長できていないという状態です。

 

 

「低出生体重性低身長症」と呼ばれています。
3歳くらいまでに、標準に近い大きさに成長する子供も多いですが、大きく成長しないで
小さいままの子供も中にはいます。

 

 

これらの体の病気により低身長となっている場合は、成長ホルモンの投薬などの医療期間
での治療が必要となります。

 

 

その治療も早ければ、身長の伸びることも多くあるので、低身長かもしれないと心配な場合は
早めの医療機関への診断が必要です。

関連ページ

子供が低身長かどうかを検査する方法とは
子供の低身長の診察をしてくれるのは何科?
低身長や低体重の子供は病気なのか
子供の低身長を診断できる東京の病院は?
低身長の子供は病気なのか
子供が低身長の特定疾患の場合に受けられる制度とは
子供が低身長にならないために取る食事とは?
子供が低身長にならないように飲むサプリとは?
子供が低身長かどうかの計算式とは?
子供が低身長である時の治療薬とは?
子供の身長が低き低身長かもと思っている人へ
足らないと子供が低身長になる成長ホルモンとは
子供が低身長がどうかを判断する成長曲線とは?
子供が低身長かを診察してくれる専門医は?
子供の低身長と生理との関係は?
子供が低身長である親の体験談は?
子供が低身長にならないように必要な食べ物を取ろう
子供が低身長かどうかのチェック方法
低身長の子供の治療方法とは
子供が中学生で低身長だった場合大きくなるのか
低身長の子供への注射での治療とは
沖縄の子供は低身長が多いって本当?
子供が低身長かを診断してくれる岡山の病院は?
低身長の子供にプロテインを飲ますと効果はあるか
子供が低身長にならないために取る栄養素とは?
両親のどちらかが低身長の場合子供に遺伝するのか
子供の低身長は遺伝なのか?
子供の低身長を診察、治療してくれる名医はいるのか
子供が低身長かを判断するSD値とは
子供が低身長かもしれない目安とは
低身長の子供の治療には保険が適用されるか
子供が低身長の親のブログの内容は?
子供が低身長だと判断する基準は?
子供が低身長にならないためのホルモンとは
子供が低身長となる原因は?
子供が低身長にならないように背を伸ばす方法
低身長の子供を診察できる病院は?
子供が低身長となる脳腫瘍とは
低身長と診断された子供の治療費はどれくらい?
子供が低身長かもしれないと悩む人へ
子供が低身長となる場合の症状は?