少食の子供にイライラしてはいけません

少食の子供にイライラしてはいけません

■子供が少食だとイライラしている親へ

 

子供の食べる量が少なくても、イライラしてはいけません。

 

 

 

 

子供が少食で食べる量が少なく、何度言っても食べてくれないので
食べさせている親は、イライラしているでしょう。

 

 

子供も親のイライラを感じているのです。
その気持ちが子供に食事の時間が苦痛になる結果となるのです。

 

 

子供が少食となっている原因には、色々ありますが、食事の時間が
楽しくないということがあります。

 

 

親がイライラしていると、食事の時間が来るたびに子供にとっては
苦痛となり、かえって食事が進まない結果となるでしょう。

 

 

食事の時間が楽しくなるように、してあげることが大切なのです。

 

 

少食でも食べ物から栄養素を吸収する割合は、多く食べる子よりも多いので
深刻に悩むほどではないと思います。

 

 

■イライラする気持ち

 

子供が少食で食べないとイライラする気持ちはわかります。

 

 

 

私の娘は小食ではないのですが、食べるのが遅いのです。
外食した際には、こっちはだいぶ前に終わっているのに、まだ食べている
状態です。

 

 

娘は、小学校の3年生です。

 

 

こっちが食べるのが早すぎるとよく言われますが、外食の際はこっちもいつも
よりは、ゆっくり食べているつもりです。

 

 

娘を急かして食べさせるのもかわいそうなので、待っているのですが、やはり、
イライラします。

 

 

この前カレーを食べに行った際、見ていると何度もスプーンにカレーを
すくっています。

 

 

一度すくったら、そのまま口へ持っていけばよいのに、また皿に戻している
のです。

 

 

イライラしているので、「そのまま食べればいいのに!」と言うと、娘は
「楽しんで食べてるのに!」と言い返されました。

 

 

ここで、無理に急かしと食事が嫌いになってしまうのかもしれないので、
「少しだけ早くね」としか言えませんでした。

 

 

食事の速さも人それぞれなのだと思いました。

 

 

■食事の時間を楽しくするには

 

食事の時間を楽しくするには、どうすればよいのでしょうか。

 

 

 

子供が楽しく食事をすることで、少食が改善していく結果となります。
食事の時間を楽しくしてあげる工夫をしないといけません。

 

 

食事の時間を楽しくする案です。

 

 

@家族で食卓を囲む
家族一緒に、会話をしながら楽しく食事をしましょう。

 

 

ケータイを操作しながら、本や雑誌を読みながらなどの食事はやめましょう。

 

 

テレビも避けた方がよいのですが、会話が弾まない時などは、見てもよいと
私は思います。

 

 

ただし、テレビに集中しすぎて、食事を食べないという状態にならないように
注意しましょう。

 

 

A食事をいっしょに作る
子供といっしょに買い物に行き、調理もすることにより、食事に興味を持たせ
ましょう。

 

 

B笑顔で食事を
食べないから、遅いからとイライラした顔を出さずに、笑顔で対応しましょう。

 

 

■子供に必要な栄養素

 

少食であまり食べ物を食べなくても、必要な栄養素を含んだ料理を与えましょう。

 

 

 

人が成長するために必要な栄養素があります。
タンパク質、カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・亜鉛などです。

 

 

それそれ成長に必要な栄養素の働きと、その栄養素が多く含まれている食品です。

 

 

@タンパク質を多く含む食べ物
骨や体を作り成長に必ず必要な栄養素です。

 

 

小さい時から十分に取っていないといけません。

 

 

成長期を過ぎて取りすぎると、肥満の原因となってしまいます。
子供の時にタンパク質を取りすぎて肥満になると、身長が伸びない原因と
なるので、注意しましょう。

 

 

肉類、魚類、豆類、乳製品、卵などに多く含まれています。

 

 

Aカルシウムを多く含む食べ物
カルシウムは、骨を丈夫にする働きがあります。

 

 

乳製品、海産物、野菜(小松菜、大根の葉っぱ、チンゲン菜、切干大根など)、
大豆製品(豆腐、油揚げ、納豆など)などに多く含まれています。

 

 

Bマグネシウムを多く含む食べ物
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりするので、背を伸ばす
効果があると言われています。

 

豆類、魚介類(牡蠣、あさり、イワシなど)、種実類(胡麻、クルミなど)、
野菜類(ほうれん草など)などに多く含まれています。

 

 

CビタミンDを多く含む食べ物
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を形成するのを助けます。

 

 

きのこ類、魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、鮭など)などに多く含まれて
います。

 

 

D亜鉛を多く含む食べ物
亜鉛は骨の成長を助ける大切な栄養素です。
また、亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

魚介類(牡蠣、煮干しなど)、肉類(レバー、赤身の肉など)、豆類(きなこ、納豆など)、
種実類(ナッツ類、くるみ、カシューナッツ、ごまなど)などに多く含まれています。

 

 

これらの栄養素をバランスよく含んだ食べ物を、しっかり食べることが大切
です。

 

 

少食の子供にもこれらの栄養素を十分含んだ食べ物のメニューを考えましょう。