子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう

■子供が疲れやすく、鼻血が出る

 

子供が疲れやすく、鼻血が出るのは、病気でしょうか。

 

 

 

ほとんどの鼻血は、小鼻のあたりにあるキーゼルバッハと呼ばれる所から
出血します。

 

 

キーゼルバッハという部位には、毛細血管がたくさん集まっています。
そして、粘膜が薄いので擦ったりして傷がつくと出血するのです。

 

 

この部位から出血する鼻血は、全体の90%です。

 

 

また、鼻の奥の鼻腔の粘膜で炎症を起こして鼻血が出る場合があります。

 

 

高齢者で高血圧、動脈硬化などの病気を持っている人は、この部位からの
鼻血がある場合があります。

 

 

子供はもともと粘膜が弱いので、鼻に指などを入れて刺激すると、キーゼルバッハ
に傷がついて、すぐに鼻血が出てしまいます。

 

 

季節の変わり目やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって鼻が敏感になる時期に
鼻をよくいじってしまうので、鼻血が出やすくなるのです。

 

 

また、風邪で熱が出た時に子供は体温調節の機能がまだ未熟なので、体温が上がる
ことで血管が広がり、鼻血が出やすくなる場合もあります。

 

 

子供はこのように元々鼻血が出やすい体質ですが、怖い病気が隠れている場合が
あるので注意しないといけません。

 

 

■鼻血が出る病気

 

鼻血が出る病気には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

鼻血が出る原因には、次のことがあります。

 

 

@アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が弱くなり、鼻がむずかゆくなって
いじってしまうので、鼻血が出やすくなります。

 

 

アレルギー性鼻炎には、家の中でのハウスダストやダニなどによるものと、
花粉症などの様な季節性のものがあります。

 

 

A血管運動性鼻炎
体温の変化に鼻が敏感となって。鼻血が出やすくなるものです。

 

 

風邪による発熱やスポーツ、入浴などで体を温めた場合や勉強などで頭を使った
際にも鼻血が出やすくなります。

 

 

また、くしゃみでも出る場合があります。

 

 

B体内の病気
高齢者で多いのは、糖尿病や動脈硬化、高血圧などで血管が弱ってしまい、鼻血が
出やすくなる場合です。

 

 

また、子供でもかかる病気では、白血病、血小板減少病など血液の病気、悪性腫瘍(ガン)
などの病気の場合に鼻血が出やすくなる場合があります。

 

 

 

■子供が疲れやすくなる病気

 

子供が疲れやすくなる病気とは何でしょうか。

 

 

 

子供は元気が当たり前なのに、以下の症状がある時は気を付けましょう。

 

 

・疲れやすい
・いつも家でごろごろしている、
・顔色が悪い
・血が止まりにくくなっている
・鼻血をよく出す
・歯磨きすると歯茎から血が出る
・微熱が続く
・風邪が治りにくく、ずっとひいている状態

 

これらの症状がみられる場合は、白血病の心配があります。

 

 

白血病は、血液のガンと言われています。
小児がんの中で一番発症率が高いものとなっています。

 

 

疑われる症状がある場合は、早期に医療機関へ診断した方がよいでしょう。

 

 

■少食だと疲れやすい

 

食べる量が少ない子供は、疲れやすいようです。

 

 

 

食べる量が少ない少食の子供は、食べ物からの摂取カロリーが少ないので
疲れやすいようです。

 

 

フィギアスケートの羽生結弦選手も最近まで少食だったそうです。

 

 

ただでさえ激しい運動をしているのに、少食なので、演技が終了した時には
自分で立てないことすらあったそうです。

 

 

食べる量を増やす努力の甲斐があって、4回転を何度も行っても疲れない体
を手に入れたそうです。

 

 

モデルの人は、体系を維持のために、食べる量を控えないといけないそうです。

 

 

最初は空腹を我慢するのが大変だそうですが、食べる量を控えているとだんだん
胃が小さくなってきて、少しの量でお腹いっぱいになるそうです。

 

 

そのかわり体力が消耗するのが早くなっているようです。

 

 

■羽生結弦選手の食事法

 

少食を改善した羽生結弦選手の改善方法です。

 

 

 

羽生選手は少食で、食事を一口食べるともういらないと言っていたそうです。

 

 

しかし、羽生選手は「もう食べられない」とギブアップした約20分後、「また食べる」
と箸を持つそうです。

 

 

これは、羽生選手は小食なのではなく、胃腸が動き出すタイミングが他人より遅いだけ
なのではないだろうかと専属の栄養トレーナーの人が気が付いたそうです。

 

 

そこで、羽生選手にある食事方法を提案しました。

 

 

食べ始める際に、胃の動きを促進させる「グルタミン酸」を多く含む「出汁(だし)」
を飲むということです。

 

 

グルタミン酸は、うま味成分として知られていますが、胃粘膜に作用して、消化吸収を
促す性質があるのです。

 

 

グルタミン酸を食事の最初に取ることで、胃が活性化し、食欲が増す結果となった
そうです。

 

 

このおかげで、羽生選手はしっかりと食事ができるようになったそうです。

 

 

グルタミン酸を多く含む食品には、

 

湯葉、焼きふ、豚、鰹節、高野豆腐、きな粉、大豆、しらす干し(半乾燥品)、チーズ
、小麦粉、発酵食品、こんぶ、トマトなどがあります。

関連ページ

子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?