子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意

子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意

■子供が疲れやすく、眠いとよく言うけど大丈夫?

 

子供が、疲れやすい、眠いとよく言う原因は何でしょうか。

 

 

 

子供が「疲れた」、「眠い」と言うことが多いと感じた場合は、注意しないと
いけません。

 

 

疲れが取れなかったり、眠たくなる原因は、次のことが考えられます。

 

 

@睡眠不足
睡眠を十分に取っていないことが原因です。

 

 

寝る時間にゲームなどをしていませんか?
読書や勉強をして睡眠時間が短いという子供をいるでしょう。

 

 

また、寝る前に何か食べたりすると、深い睡眠が得られません。

 

 

成長を促す成長ホルモンは、就寝中に分泌されるので、しっかり睡眠を
とるようにしましょう。

 

 

A体の疲労
体の疲労が残っているのかもしれません。

 

 

食事の量が少なかったり、しっかり睡眠をとっていないことが考えられます。

 

 

栄養バランスの整った食事をしっかり食べて、しっかり寝ましょう。

 

 

B精神的な疲労
ストレスが溜まっていたり悩みごとがあり、眠れない状態なのかもしれません。

 

 

悩みごとを聞いてあげたり、運動をしてストレスを発散させるようなことを
試してみましょう。

 

 

C体の病気
体に病気があるのかもしれません。

 

 

怖いのは、白血病などの小児がんです。
心配な場合は、医療機関で診察を受けましょう。

 

 

また、血糖値が少ない状態が続いている場合も考えられます。

 

 

■血糖値が少ない状態とは

 

血糖値が少ない状態とはどのようなことなのでしょうか。

 

 

 

血糖値とは、血液に含まれるブドウ糖の濃度です。
この値が低い場合に、低血糖と言われている状態となります。

 

 

逆に血糖値が高くなると、糖尿病になります。

 

 

低血糖になると、体の疲れがとれなかったり、眠たくなる症状が出てきます。

 

 

低血糖がひどくなると、吐き気がしたり、集中力が無くなったりします。
また、さらに進むと、けいれんしたり意識が無くなったりします。

 

 

低血糖となる原因には、次のことがあります。

 

 

@糖分の摂り過ぎ
甘いお菓子や飲み物を取りすぎるといけません。

 

 

お米や麺類、パンなどの炭水化物やイモ類にも糖分が含まれているので、
取りすぎると低血糖になります。

 

 

血液中の血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されて、血糖値を
下げる働きをします。

 

 

子供はまだ血糖値を一定に保つための内蔵の機能が、しっかりしていないので
インスリンが分泌されすぎて低血糖になることが多いのです。

 

 

A食事量が少なすぎる
少食で食べる量が少ないと低血糖になる場合があります。

 

 

空腹になると血糖値は下がってきます。
食事を取ることで血糖値は上がるのですが、食べる量が少なすぎるので血糖値が
十分に上がらなくなってしまうのです。

 

 

B食事の間隔が長すぎる
食事の間の時間が大きくなると、空腹の時間が長くなり血糖値が下がったままに
なります。

 

 

不規則な時間の食事が多かったり、朝食を食べないなどのことが考えられます。

 

 

Cその他の原因
他にはビタミンの不足、運動量が多すぎる、ストレスなどがあります。

 

 

食事の栄養バランスが悪かったりして、ビタミンを補給できていないことや、
運動すると血糖値が下がるので、糖分などを補給していないことが考えられます。

 

 

また、内蔵の機能に問題がありインスリンが分泌されすぎたり、ブドウ糖が作成
される量が少ないことも考えられます。

 

 

■血糖値を安定させるためには

 

子供が血糖値を安定させるためには、どうすればよいでしょうか。

 

 

 

子供は、大人に比べて血糖値を安定せる機能が発達していないので、低血糖に
なりやすくなっています。

 

 

低血糖にならないようにするには、以下のことを行いましょう。

 

 

@十分な睡眠をとる
A食事の時間を決めて、一日三食きちんと食べる
B栄養のバランスが整った食事を食べる
C甘いお菓子やジュースなどをなるべく控える
Dお米、麺類、パン、イモなどを食べすぎない
Eストレスや悩みのない生活を送る

 

 

■疲れやすい病気

 

疲れやすくなる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

子供は元気が当たり前なのに、疲れたとよく言う場合は、要注意です。

 

 

怖い病気のひとつに白血病があります。
白血病は、子供にも多い病気です。

 

 

以下の症状がある時は気を付けましょう。

 

 

・疲れやすい
・いつも家でごろごろしている、
・顔色が悪い
・血が止まりにくくなっている
・鼻血をよく出す
・歯磨きすると歯茎から血が出る
・微熱が続く
・風邪が治りにくく、ずっとひいている状態

 

 

これらの症状がみられる場合は、白血病の心配があります。

 

 

白血病は、血液のガンと言われています。
小児がんの中で一番発症率が高いものとなっています。

 

 

疑われる症状がある場合は、早期に医療機関へ診断した方がよいでしょう。

 

 

この他、内蔵疾患なども考えられます。

 

 

子供だから大丈夫と思わないで、大人と同じように医師の診断を仰いだほうが
よいでしょう。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?