疲れやすい子供の病気とは

疲れやすい子供の病気とは

■子供が疲れたとよく言うけど

 

子供が、疲れたとよく言う場合の問題は?

 

 

 

 

子供は元気なのが当たり前なのですが、最近疲れたと言う子供が増えてきている
ようです。

 

 

理由としては、まず日ごろ体を動かしていないので、少しきつい運動をすると
疲れやすくなるようです。

 

 

最近の子供の遊びは、ポケットゲーム機やカードゲームが多いようです。

 

 

公園で子供が集まって何かしているなと思ったら、カードゲームだったという
ことがあります。 体を動かして遊んでいないのです。

 

 

私が子供の時は、ポケットゲーム機などは無かったので、公園で友人と野球
やドッチボールなどをしていました。

 

 

薄暗くなるまで遊んで帰るという日常生活でした。

 

 

遊んだ後、家に帰っておやつを食べたら、少し眠たくなって寝てしまうことも
ありましたが、体が疲れてもう動けないなどということは、ありませんでした。

 

 

日ごろから体を動かしていないと、疲れやすくなるのでしょうか。

 

 

疲れたというのが口癖になっている子供も多いそうです。
また、精神的なストレスがある場合にも、疲れたと感じるようです。

 

 

しかし、顔色が悪かったり、すぐに横になるなどの状態が多いようであれば
体に異常があるかもしれません。

 

 

■子供が体がだるくなる病気

 

子供が疲れやすくなる病気は何でしょうか。

 

 

 

体がだるくなる病気には以下のものがあります。

 

 

@貧血
だるさ、疲れ、無気力、息切れ、動悸、顔が青白いなどの症状がでます。

 

 

「鉄欠乏症」と呼ばれる鉄分が不足していることが原因による場合が多いようです。

 

 

鉄分を多く含む食品を食べるように心がけましょう。
特にヘム鉄と呼ばれる体に吸収されやすい成分の鉄分を取ることが重要です。

 

 

ヘム鉄が含まれている食べ物には、赤身の肉、レバー、カツオなどの魚肉など
があります。

 

 

ホウレン草などの野菜、海藻、大豆製品などに含まれる非ヘム鉄は、それだけだと
体に吸収されにくいですが、ビタミンCやタンパク質といっしょに食べると吸収率が
あがります。

 

 

A糖尿病
全身の倦怠感、尿の量と回数が増える、やたらにのどが渇く、 皮膚がかゆい、
化膿しやすいなどの症状がある場合は、糖尿病の疑いがあります。

 

 

子供は、血液中の糖分を分解するホルモンであるインスリンが分泌されなくなった
場合に「1型糖尿病」と言われる病気にかかります。

 

 

B急性腎炎
体がだるいだけでなく、むくみが伴うときは、急性腎炎の疑いがあります。

 

 

起床時などに、まぶたがむくんだり、タンパク尿・血尿などが出たりすると、
危険信号です。

 

 

C急性肝炎
強いだるさが急に出たり、食欲不振、吐き気、悪寒、発熱などの症状が続きます。

 

 

皮膚が黄色くなる黄疸の症状が出ると、危険です。

 

 

D白血病
白血病は、血液のガンと言われています。
小児がんの中で一番発症率が高いものとなっています。

 

 

疲れやすい、顔色が悪い、血が止まりにくい、微熱が続くなどの症状があります。

 

 

Eうつ病、自律神経症
精神的な病気です。 大人の病気と思われていましたが、子供にも増えてきました。

 

 

「起立性調節障害」という思春期に見られる自律神経失調症があります。
朝起きられない、特に午前中に調子が悪い、立ちくらみ、めまいなどが起こります。

 

 

小学校の高学年から中学生にかけての器官は、特に自律神経系のバランスが崩れやすい
ので注意してください。

 

 

体がだるくなり、疲れが続くようであれば、体に異常があると考えられるので
早急に医療機関へ診察しないといけません。

 

 

■病気にかからないようにするためには

 

病気にかかりにくい体を作る方法は何でしょうか。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、風邪などの病気にかかりにくいと言われています。

 

 

それは、母乳です。 特に一番最初に出る母乳には免疫の抗体が多く含まれていてる
からです。

 

 

母乳はとても大事なものなのです。 最初から、母乳でない子供との差が出てしまいます。

 

 

しかし、病気にかかりにくい体を作るには、小さい時から必要な栄養を取ることの
積み重ねが大事なのです。

 

 

そして、運動も行い、強い体を作っていくことです。

 

 

十分な睡眠を取ることも重要です。
睡眠は体の疲れを取るだけでなく、成長に必要な成長ホルモンの分泌が多く行われる
時間帯なのです。

 

 

ストレスや悩みを貯めないようにすることも大切です。
気分転換を行ったり悩みごとがあるようなら相談相手になってあげましょう。

 

 

運動して体を動かすと深い睡眠を得られるだけでなく、ストレスの発散にも効果が
あります。

 

 

また、インフルエンザなどの予防接種も小さいうちから受けておいた方がよいのかも
しれません。
細菌に抵抗する抗体を作るトレーニングになるのかもしれません。

 

 

一般に人間の免疫力は、20歳代が最高でその後、どんどん落ちてしまします。

 

 

20歳代の最高のポイントの時期までにどれだけ免疫力を上げるかで、その後の体の
抵抗力が決まってしまうのです。

 

 

若い時に免疫力をつける努力をいっぱいしましょう。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?