子供が身長を伸ばすための運動は?

子供が身長を伸ばすための運動は?

■身長を伸ばす運動

 

身長を伸ばすには、どのような運動をすればよいのでしょうか。

 

 

 

 

身長を伸ばすには、スポーツをすればよいと言われます。
しかし、スポーツ選手の全てが身長が高いわけではありません。

 

 

特に体操選手には、それほど大きな選手は見当たりません。
逆にバレーボールなどの選手は背の高い人ばかりです。

 

 

身長の高いか低いかで有利になるスポーツは、適した身長の選手が集まって
いるので、そう思うだけかもしれません。

 

 

しかし、運動をしすぎると身長が伸びないと言うデータがあるのです。
特に、成長期に必要以上に筋肉を付けてしまうと、身長の伸びが悪くなるようです。

 

 

体操選手はそれにあてはまるのかもしれません。

 

 

一般的に「身長を伸ばす運動」は、2種類あるようです。

 

 

@縦方向に刺激を与える運動
骨に対して、縦方向に刺激を与える運動です。

 

 

ジャンプやジョギングなどがあてはまります。

 

 

ジャンプするスポーツ、バレーボールやバスケットボールに背の高い人が多い
のも納得できます。

 

 

A軟骨に刺激を与える運動
骨が伸びる部分である軟骨に対して、刺激を与える運動です。

 

 

関節を動かす運動で、水泳などがよいようです。

 

 

どちらの運動も科学的には証明されていませんが、身長を伸ばす効果があるのは
間違いないようです。

 

 

■身長を伸ばすのに避けたい運動

 

身長を伸ばすためには、行わない方がよい運動とは、何でしょうか。

 

 

 

 

成長期に行うと身長が伸びにくくなるので、行わない方がよいと言われる運動は
次の3種類です。

 

 

@間接に負担がかかりすぎる運動
間接に負担をかけすぎて、軟骨を損傷させてしまう運動です。

 

 

体操やウエイトリフティング、ボディビルなどです。
筋肉を付けすぎると身長が伸びなくなることが多いようです。

 

 

ただし、過度の運動をした場合の話で、普通に行う程度であれば問題はありません。

 

 

A激しすぎる運動
体に過度の負担と疲労を与える運動です。

 

 

どんな運動でも、間接に負担を与えたり、疲労が取れないほど運動するのは、
よくありません。

 

 

Bエネルギーを消費しすぎる運動
エネルギーを消費しすぎるような運動はよくありません。

 

 

マラソンやトライアスロンなどです。

 

 

エネルギーを摂取しすぎると、栄養不足の原因となるので、よくありません。

 

 

体に負担を与えすぎる運動は、身長を伸ばす時期には避けた方がよいで
しょう。

 

 

■運動が与える効果

 

身長を伸ばすために運動が与える効果は何でしょうか。

 

 

 

 

身長を伸ばすには、縦方向に刺激を与える運動や、軟骨に刺激を与える運動が
よいのですが、こだわる必要はありません。

 

 

適度な運動をすることだけでも、以下の効果があるのです。

 

 

@食事がおいしくなる
運動をすることで、空腹になり食事がおいしく感じられます。

 

 

食べる量も増え、多くの栄養が摂取できます。

 

 

A安眠が得られる
運動をすることで、深い安眠が得られます。

 

 

身長を伸ばす働きを行うホルモン(成長ホルモン)が多く分泌されるのは、
睡眠中です。

 

 

多くの成長ホルモンを分泌させるためにも、十分な睡眠時間と安眠が必要
なのです。

 

 

Bストレスを発散できる
運動することで、ストレスを発散させることができます。

 

 

ストレスをためると、身長の伸びが悪くなる場合があるのです。
ストレスを発散させるためにも、体を動かすことは必要です。

 

 

■遊ぶだけでもよい

 

運動をすることが大切ですが、遊ぶだけでも効果はあります。

 

 

 

子供の希望ではなく、親の判断で水泳教室へ通わせたり、野球やサッカーの
教室へ通わせていませんか。

 

 

いやいや行っているようであれば、辞めた方がよいのかもしれません。
子供本人が楽しみながら体を動かすことが、一番大切なのです。

 

 

最近、学校のグランドや公園で遊んでいる子供を見かける機会が、減ってきた
ような気がします。

 

 

私が子供の時は、毎日休み無しに野球やサッカーなどをして遊んでいました。
現在の子供は、ゲーム機など室内で遊ぶ機会が増えたのが原因で外で遊んでいない
のでしょうか。

 

 

外で体を動かして遊んでいるだけも、疲れて帰ってくることが多かったのを
覚えています。

 

 

どの後、食事がおいしくていくらでも食べられる気持ちになったのも覚えています。

 

 

私は、水泳教室や野球、サッカー教室へは行きませんでした。
それほど身長は高くはありませんが、平均以上はあります。

 

 

私の娘も最初水泳教室へ通わせました。
しかし、鼻に水が入ったりして気持ちが悪かったのか、いつも泣いていました。

 

 

クラシックバレエの教室へ友人と通うようになってからは、楽しかったのか友人が
辞めても自分は辞めずに続けていました。

 

 

大切なのは、子供の時にどんな運動をしていたかではなく、どれだけ楽しく体を
動かして、食事をおいしく食べたかだと思います。

 

 

無理やりスポーツ教室へ通わせるのではなく、いっしょに遊んであげたりして、
楽しい気持ちで体を動かすことから始めればよいと思います。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?