子供が疲れやすくなる食事とは

子供が疲れやすくなる食事とは

■食べると疲れやすくなる食事

 

食べると疲れやすくなってしまう食事とは何でしょうか。

 

 

 

体が疲れている時に食事をすると、普通は元気になるものです。
しかし、食べると疲れやすくなってしまう食事があるのです。

 

 

体が疲れる原因は、いろいろありますが、血糖値が下がると
疲れやすくなります。

 

 

血糖値とは、血液に含まれるブドウ糖の濃度です。
この値が低い場合に、低血糖と言われている状態となります。

 

 

逆に血糖値が高くなると、糖尿病になります。

 

 

低血糖になると、体の疲れがとれなかったり、眠たくなる症状が出てきます。
イライラしたり怒りっぽくなることもあります。

 

 

低血糖がひどくなると、吐き気がしたり、集中力が無くなったりします。
また、さらに進むと、けいれんしたり意識が無くなったりします。

 

 

食べると低血糖となる食事があるのです。
糖分が多く含まれている食事です。

 

 

甘いドーナツやケーキなどのお菓子、特に炭酸飲料のジュースなどには糖分が
多く使用されています。

 

 

また、お米や麺類、パンなどの炭水化物やイモ類にも糖分が含まれています。
食べすぎると低血糖となってしまうのです。

 

 

血液中の血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されて、血糖値を
下げる働きをします。

 

 

子供はまだ血糖値を一定に保つための内蔵の機能が、しっかりしていないので
インスリンが分泌されすぎて低血糖になることが多いのです。

 

 

また、食事の量が少なすぎたり、食事の間隔が長すぎたりすると低血糖になる
ことがあります。

 

 

■疲れを取る食事

 

疲れた時に食べればよい食事とは何でしょうか。

 

 

 

 

強い体を作りたい、筋肉をつけたいと思う人は、タンパク質を取れば良いでしょう。

 

 

 

タンパク質は、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉など)、魚類、
豆類(豆腐、納豆、
高野豆腐、油揚げなど)、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト
など)、たまご など
に多く含まれています。

 

 

 

タンパク質は体を作る重要な栄養素です。
小さい時から十分に取っていないといけません。

 

 

 

 

欧米人とアジア人との身長の差は、肉の食べる量の差とも言われています。

 

しかし、タンパク質を取りすぎると、肥満になるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

運動したりして体が疲れた時に食べればよい栄養素は、次のものがあります。

 

 

 

 

 

・炭水化物

 

激しく運動すると、乳酸という疲れの原因となる物質が生成されます。

 

炭水化物は、この乳酸を分解させる働きをします。

 

 

 

 

 

多く炭水化物を含む食べ物には、麺類やお餅などがあります。

 

 

 

 

 

・糖分

 

炭水化物と同様に乳酸を分解させる働きがあります。

 

 

 

 

 

・クエン酸

 

乳酸を分解するだけなく、炭水化物を分解せずに、筋肉や肝臓にグリコーゲンという

 

物質として蓄える働きをします。

 

 

 

 

 

その結果、運動しても疲れにくい状態を維持することができます。

 

 

 

クエン酸はオレンジやバナナなどに含まれています。

 

 

 

 

 

・脂肪分

 

肥満の元となるので、あまりあすすめはできませんが、高エネルギーを必要と
する
運動を行う時や夏バテの予防などに役立ちます。

 

 

 

 

炭水化物や糖分は、取りすぎると低血糖となりますが、体の疲れを取る効果も
あるのです。

 

 

■血糖値を安定させる方法

 

子供が血糖値を安定させるには、どうすればよいでしょうか。

 

 

 

子供は、血糖値を安定せる機能がまだ十分には発達していないので、低血糖に
なりやすくなっているのです。

 

 

低血糖にならないようにするには、以下のことを行いましょう。

 

 

@十分な睡眠をとる
睡眠は疲れた体の回復を行うだけでなく、成長のための成長ホルモンが一番分泌
される時間帯です。

 

 

成長するためにも十分な睡眠を取りましょう。

 

 

A食事の時間を決めて、一日三食きちんと食べる
特に朝食は取らないといけません。 朝食を食べないと食事の時間が空きすぎて
しまいます。

 

 

少食にならないように、食事の時間が空きすぎないようにしましょう。

 

 

B栄養のバランスが整った食事を食べる
成長のためにも必要な栄養素を十分に取りましょう。

 

 

C甘いお菓子やジュースなどをなるべく控える
糖分の取りすぎは、肥満になるだけでなく、低血糖にもなるので、注意しましょう。

 

 

Dお米、麺類、パン、イモなどを食べすぎない
糖分と同様、炭水化物も取りすぎると肥満や低血糖になるので注意しましょう。

 

 

Eストレスや悩みのない生活を送る
ストレスを貯めたり、悩みを抱えていると少食となったり消化が悪くなったり
します。

 

 

ストレスを発散させ、悩みもなくした生活を送れるように気づかってあげましょう。

 

 

悩みの相談相手になってあげることが大切です。

 

 

■血糖値を安定させる食事方法

 

血糖値を安定させるための食事方法です。

 

 

 

血糖値を安定させるためには、糖分や炭水化物の食事を一定の量を取ることです。

 

 

そして、食べ物を選択して、糖質をゆっくりと減らしていくとよいそうです。

 

 

主食となるご飯の種類の選択ですが、白いご飯ではなく、茶色いご飯にするのが
よいようです。

 

 

もしくは、玄米や発芽玄米、麦などの雑穀を混ぜた雑穀米がおすすめです。
最近では、こんにゃくなどをご飯に混ぜるものも発売されています。

 

 

パンも白いふわふわのパンではなく、茶色の雑穀パンなどがおすすめです。

 

 

ジャムやハチミツなどをかけると糖質が多くなるので、バターやチーズがいいです。
ハムや卵などをはさんでサンドイッチにすると、他の栄養素も同時に取得できます。

 

 

麺類はうどんよりもソバがおすすめです。

 

 

食事を食べる順番も考慮する点があります。

 

 

最初に食物繊維を多く含む野菜などの副菜を食べ、次にタンパク質を多く含む肉や
魚などの主菜、そして最後に主食のご飯やパンを食べる順序がよいのです。

 

 

食後に少し筋肉を使う運動をすると、血糖値が上がりすぎるのが防げます。

 

 

しかし、低血糖や高血糖で悩んでいる人は、医者に相談して食べる量なども調整
しないといけません。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?