子供の身長が伸びないけど大丈夫?

子供の身長が伸びないけど大丈夫?

■子供の身長が伸びない

 

子供の身長が伸びないと感じた方へ。

 

 

 

自分の子供の身長が、周りの友達より低く感じ始めた。
友達はどんどん大きくなっているのに?
と感じた方へ。

 

 

子供の成長には、個人差があります。
特に男の子と女の子では成長する時期が異なります。

 

 

男の子は、13歳から17歳のころに身長が急激に伸びます。
一年で15cm近く伸びる子も多くいます。

 

 

しかし、伸び幅は多少は個人差があって、伸びる時期も異なるようです。
男の子の思春期が来る時期と深く関係があるのです。

 

 

女の子は、逆に13歳までに大きくなります。
男子よりも平均身長が高くなり、小学校の高学年では、男子よりも背の
高い女の子はたくさんいます。

 

 

しかしその後、女の子の身長の伸びは衰え、男子に抜かされてしますのです。

 

 

それは、女子は、このころに初潮を迎えるからです。
初潮が来ると、その後3〜4年で身長の伸びは止まってしまうのです。

 

 

よって、初潮を迎える時期が遅い女の子の方が、身長は大きくなるようです。

 

 

このように、子供の身長の伸びは男女とも、思春期と大きく関係している
のです。

 

 

よって、今は小さくてもそのうち伸びだして、追いつくでしょう。
と言いたいですが、伸びないこともあるのです。

 

 

身長をより伸ばすためには、行わないといけないことがあります。

 

 

それを行っていないと、伸びが悪くなることがあるのです。

 

 

■身長を伸ばすために行うこと

 

身長を伸ばすためには、行わないといけないことです。

 

 

 

身長を伸ばすために行っているかどうかを確認する項目には、以下のことが
あります。

 

 

@必要な栄養素を十分に取得しているか
身長を伸ばすだけでなく、体を作るために必要な栄養素があります。

 

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンなどです。

 

 

これらの栄養素を多く含む食べ物を十分な量、食べているかどうかですが、
いつもよく食べている物に必要な栄養素は多く含まれています。
肉、魚、豆類、乳製品、卵、野菜などです。

 

 

いつも出てくる食べ物をしっかり食べているかが、ポイントです。

 

 

朝食を抜く、間食をして食べられない、ということが無いようにしましょう。

 

 

A十分な睡眠を取っているか
寝る子は育つです。

 

 

睡眠中に成長を促すホルモン(成長ホルモン)が多く分泌されます。
よって、十分な睡眠が取れていないと、成長ホルモンの分泌量も少なくなり
ます。

 

 

B十分な運動を行っているか
体を動かすことが大切です。

 

 

十分な運動をすることで、食べ物の消化が良くなり、空腹になります。
空腹になると十分に食べ物を取ることができます。

 

 

また、体を動かすことで深い睡眠が得られます。
ストレスも発散することができるでしょう。

 

 

Cストレスや悩みを抱えていないか
精神的な要因で身長が伸びないことがあるのです。

 

 

ストレスの発散を心がけましょう。
家庭内や学校内でストレスは生まれやすいので。注意しましょう。

 

 

子供に悩みがありそうな場合は、相談相手になってあげることが大切です。

 

 

D病気にかかっていないか
身長が伸びない病気があるのです。

 

 

低身長と言われる身長のままだと、病気である可能性があります。
医療機関への診断が必要です。

 

 

■身長が伸びない病気

 

身長が伸びない病気とは何でしょうか。

 

 

 

体の病気が原因で身長が伸びない病気には、以下のものがあります。

 

 

@成長ホルモンの分泌不足
子供の成長を促す成長ホルモンが正しく分泌されていない病気です。

 

 

成長ホルモンは、脳の下垂体の指令で分泌されるものですが、脳に異常が
あって、正しく分泌されない場合があります。

 

 

A甲状腺ホルモンの分泌不足
成長ホルモンと同じく骨の成長を促す働きをする甲状腺ホルモンが正しく
分泌されていない病気です。

 

 

B骨に異常がある
骨の軟骨細胞が増えにくいという障害です。

 

 

C染色体の先天的な異常
先天的に染色体に異常がある場合です。

 

 

・ターナー症候群
・プラダー・ウィリー症候群
があります。

 

 

D内臓疾患によるもの
心臓や肝臓、消化器の疾患が原因により低身長となる場合があります。

 

 

子供の時に臓器に疾患があると、全身の栄養状態が悪くなります。
そのため、身長の伸びにも影響が出たりします

 

 

E子宮内での発育不全によるもの
母親の子宮内で十分に発育していないことが原因となるものです。
SGA性低身長症と呼ばれているものです。

 

 

母親の子宮内で十分に発育しなかった結果、標準の身長、体重よりも
小さい赤ちゃんが生まれてしまいます。

 

 

3歳くらいまでには、標準の身長、体重に戻ることが多いですが、まれに
身長が伸びず、低身長となってしまう子供がいます。

 

 

生まれてから十分な栄養を与えていないことが原因となっている場合が多い
ようです。

 

 

これらの体の病気が原因で低身長となっている場合は、医療機関での診察を
受けないといけません。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?