子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?

子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?

■牛乳を飲むと背は伸びるのか

 

牛乳を飲めば、背は伸びるのでしょうか。

 

 

 

昔から背を伸ばすには牛乳を飲みなさいとよく言われました。

 

 

なぜかと聞くと、「牛乳にはカルシウムが入っているから」。
それは、カルシウムは骨になるからということでした。

 

 

しかし、本当はカルシウムが骨を作るのではないのです。
カルシウムは骨を強くする働きはありますが、骨を作ることはしません。

 

 

骨を作るのは、タンパク質なのです。
牛乳にはタンパク質も含まれています。

 

 

なので、牛乳を飲むと背が伸びるのは間違いではないのですが、飲みすぎると
よくないのです。

 

 

牛乳に含まれているタンパク質は、乳酸やカゼインと言う分子が大きい成分です。

 

 

分子が大きいということは、分解/吸収に時間がかかるということです。

 

 

よって、牛乳を飲みすぎると、腸の悪い子供は特に腸での吸収トラブルを
起こします。
そして、腸に負担がかかり、牛乳貧血と言われる状態となってしまいます。

 

 

牛乳貧血になると、骨の軟骨や血液の量を増やしにくくなってしまうのです。

 

 

しかし、牛乳には背を伸ばすための栄養素が多く含まれているので、飲みすぎない
程度に飲むことがポイントです。

 

 

■牛乳に含まれる成分

 

牛乳にはどんな成分が含まれているのでしょうか。

 

 

 

牛乳には、カルシウム、タンパク質の他に脂肪、炭水化物、ビタミン類のほか
身長を伸ばすのに必要な栄養素を多く含んでいます。

 

 

主な成分と牛乳200mlに含まれる量です。

 

 

@カルシウム(227mg)
カルシウムは丈夫な骨や歯を作る働きがあります。
年を取ってカルシウムが不足すると、骨粗しょう症の原因になります。

 

 

また、神経の伝達やホルモンの分泌、免疫機能の維持などにも深く影響している
大切な成分です。

 

 

牛乳1本で成人に必要な一日のカルシウム推奨量の3分の1が補えます。
牛乳に含まれるカルシウムは、他の食品よりカルシウムの吸収効率がすぐれて
います。

 

 

Aタンパク質(6.8g)
骨を作るだけでなく、体を作る大切な栄養素です。
生まれた時から十分に取らないといけません。

 

 

タンパク質はアミノ酸により作られています。

 

 

体内で合成できるアミノ酸もありますが、体内では合成できないアミノ酸
(必須アミノ酸)は、食品から取得しないといけません。

 

 

牛乳には、この必須アミノ酸が豊富に含まれているタンパク質を多く含んでいます。

 

 

B脂質(7.8g)
脂肪はエネルギーの源となります。 ビタミンの吸収も助ける働きもあります。

 

 

C炭水化物(9.9g)
骨格の形成、貯蔵、代謝などの働きがあり、生物にとってなくてはならない物質
のひとつです。

 

 

体が疲れている時に取ると効果があります。
しかし、取りすぎると、肥満になります。

 

 

Dビタミン
牛乳には、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB1、B2、B6など
多くの種類のビタミンを含んでいます。

 

 

ビタミンDは、カルシウムに対して有効な働きをします。
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を形成するのを助けます。

 

 

Eマグネシウム(21mg)
マグネシウムは骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりするので
背を伸ばす効果があると言われています。

 

 

また、体内で300種類以上の酵素の働きを助けています。
神経の興奮を抑えたり、体温や血圧を調整する効果があります。

 

 

ただし、カルシウムを多く取ってしまうと、マグネシウムが多く排泄されて
しまうので、カルシウムとの摂取のバランスが大切のようです。

 

 

カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは2対1がよいとされています。

 

 

F亜鉛(0.8mg)
亜鉛も骨の成長を助ける大切な栄養素です。
代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

細胞分裂やDNAの合成に亜鉛が必要であると言われています。
赤ちゃんに与える最初の母乳に多く含まれているようです。

 

 

Gリン(192mg)
カルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になっています。
また、筋肉、脳、神経などの組織に含まれ、エネルギーをつくり出す時に必須の
役割をしています。

 

 

■牛乳の効果

 

牛乳を飲むとその他にどのような効果があるのでしょうか

 

 

 

牛乳には以下のような機能もあります。

 

 

@ダイエット
食膳に飲むと多少の満腹感が感じられるので、食べすぎを防ぎます。

 

 

牛乳自体も200mlで133Kcalで、高すぎない数値の飲み物です。

 

 

A血糖値が急激に上がるのを防ぐ
糖分や炭水化物を食べると、血糖値が上がります。

 

 

特に子供の場合は、血糖値の調整機能がまだ未熟なので、血糖値が上がりすぎて
悪影響を与えます。

 

 

しかし、牛乳を飲むと胃の中で膜を作る作用があり、胃や腸への吸収を遅くする
ため、血糖値が急に上がるのを防いでくれます。

 

 

胃酸が多くて胃が荒れている時も、牛乳を飲めば胃の壁を膜で保護してくれます。

 

 

B寝る前に飲むのも良い
朝食時に飲むのが一般的ですが、夜、寝る前に飲むと身長を伸ばすのに効果が
あるそうです。

 

 

人は寝ている時に成長を促す成長ホルモンが分泌されます。
牛乳を寝る前に飲んでおくと、血中のカルシウム濃度が高まり、身長を伸ばす
効果があるようです。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?