子供の身長を伸ばすためのストレッチとは

子供の身長を伸ばすためのストレッチとは

■ストレッチは身長を伸ばす効果があるか

 

ストレッチを行うと身長が伸びるのでしょうか。

 

 

 

ストレッチは、体を柔らかくしたり、けがの予防などの対策として
取り入れらています。

 

 

主な効果、目的として以下のことがあります。

 

 

・体を柔軟にする
・全身の血行をよくする効果がある
・スポーツの前に行うことで事故の予防になる
・リラックスできる効果がある  など

 

 

身長を伸ばすという効果は、一般的には言われていないようです。

 

 

身長を伸ばすために行えば良いという運動があります。

 

 

体を上下に動かす運動で、ジョギングやジャンプなどです。
また、体全体の関節を動かす運動も良いようです。
これには、水泳などがあります。

 

 

これらの運動は、関節にある軟骨を伸ばす効果があります。

 

 

身長が伸びるのは、骨の端にある「骨端線」と呼ばれる部分が成長している
ためです。

 

 

この骨端線が閉鎖してしまうと、骨の成長が無くなり、身長の伸びは止まって
しまいます。

 

 

軟骨を刺激することで、骨端線の成長がよくなる効果があるのでしょう。

 

 

ストレッチにも関節を動かす体操があります。
また、血行が良くなるのでさらに効果があるでしょう。
このようなストレッチを行えば身長を伸ばす効果があるに違いありません。

 

 

■身長を伸ばすストレッチ

 

身長を伸ばすためのストレッチの例です。

 

 

 

@背伸びのストレッチ

 

 

1、仰向けになって寝る
2、両手を組んで、頭の下へ

 

 

3、息を大きく吸いながら、両手を頭の上へ、両足のつま先を下の方へ
伸ばす。

 

 

4.思いっきり上下に背伸びをする
その状態で、5秒間止める

 

 

これを5〜10セット行う。

 

 

A足のストレッチ

 

 

1、座って両足を90度開く
2、両手で右足のつま先を掴んで手前に引っ張る

 

 

3、右足のふくらはぎと膝の裏の筋を思いっきり伸ばすように行いましょう。
その状態で、5秒間止めて、元にもどる。

 

 

4.左足も同じように伸ばしましょう。

 

 

これを5〜10セット行う。

 

 

B海老反りのストレッチ

 

 

1、左足を大きく後ろへ下げて、足の甲を下に付ける。
2、両手を頭の上に合わせる

 

 

3、左足の内側と背中、両手をしっかり伸ばして海老反りをする。
この状態で、5秒間止める

 

 

4、右足と左足の前後を変えて同じように行う。

 

 

これを5〜10セット行う。

 

 

■その他のストレッチ

 

ストレッチの種類と道具を使うストレッチもあります。

 

 

 

ストレッチには2種類あります。

 

 

何秒か動きを止めて筋肉や筋を伸ばす静的ストレッチと動きながら伸ばす
動的ストレッチです。

 

 

動的ストレッチは、身体を興奮させて、運動する準備を整える場合に行います。
静的ストレッチは、身体を落ち着かせ、リラックスさせる場合に行います。

 

 

道具を使って行うストレッチもあります。

 

 

バランスボールや縄跳び、ゴムやぶら下がり器などです。

 

 

ぶら下がり健康期は、背を伸ばすと言う宣伝で発売されていました。
しかし、実際には確かな効果の結果は発表されていません。

 

 

まったく効果が無い訳ではないですが、行った方がよいのは間違いないと
思います。

 

 

■いつ行うのが良いのか

 

ストレッチを朝?昼?晩?、いつ行えば良いのでしょうか。

 

 

 

ストレッチはいつ行うと効果があるのでしょうか。

 

 

筋肉の状態は、自律神経の影響で一日でも状態が変わります。
自律神経には、身体を興奮させる交感神経と、リラックスさせる副交感神経が
あります。

 

 

朝から昼にかけては、身体を興奮させる交感神経が優位に働いています。
よって、体が少しこわばったような状態となっています。

 

 

あまり激しいストレッチを行うと、体を痛めるかもしれません。
逆にストレッチをすることで、こわばった体をほぐすことができます。

 

 

夕方から夜にかけては、身体をリラックスさせる副交感神経の働きが大きく
なります。

 

 

寝る前にしっかりストレッチを行うと、体が柔らかくなっているので効果が
大きいでしょう。

 

 

ストレッチは、行う時間により内容や程度を変えるのが好ましいと思います。

 

 

あまりし過ぎるのは、逆効果となる場合があるので、注意しましょう。

 

 

■体を動かす効果

 

ストレッチなどで体を動かすと、他にもいいことがあります。

 

 

 

ストレッチでも軽い運動でも体を動かすと、成長のためによい効果が得られます。

 

 

まず、体を動かすことで空腹感を得られます。
食事がおいしく感じられ、いつもより多く食べてしまうかもしれません。

 

 

食べすぎると肥満になってしまいます。
肥満になると身長の意伸びが悪くなってしまうので注意しましょう。

 

 

しかし、食事がおいしく感じられるということは、栄養の吸収もよくなる
こととなります。

 

 

また、運動をすることにより深い睡眠が得られます。
身長を伸ばす働きを行うホルモンがあります。

 

 

脳の下垂体から分泌される「成長ホルモン」です。
成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。

 

 

よって、深い十分な睡眠が大切なのです。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?