子供の身長を伸ばすには

子供の身長を伸ばすには

■子供の身長を伸ばすには

 

子供の身長を伸ばすには、どうすればよいのでしょうか。

 

 

 

子供の身長を伸ばすには、どうすればということですが、普通に食べ
遊んで、寝ればよいことです。

 

 

身長は遺伝も多少はあります。
両親よりもはるかに大きく伸びることは、たまにスポーツ選手などでは
見ますが、ほとんど見ません。

 

 

親の身長から子供の身長を計算する式が発表されています。

 

 

・男子
予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2

 

 

・女子
予測身長={(父親の身長−13)+母親の身長}÷2

 

 

例えば、父親170cm、母親160cmの息子であれば、171.5cm
くらいになる計算となります。

 

 

しかし、この計算式は1952年にアメリカの小児科医が、医学雑誌に発表
したとても古いものです。

 

 

50年前と比較して、日本人の身長は10cm伸びています。
この計算式は、あくまでも参考程度ということでしょうか。

 

 

スポーツ選手が親よりもはるかに大きいことがある、ということは、
計算上よりも身長を伸ばすための方法があるということなのでしょうか。

 

 

身長を伸ばすためには、普通よりもしっかり食べ、しっかり運動し、しっかり
睡眠を取ればよいという結論になるのかもしれません。

 

 

■身長を伸ばすための食事

 

身長を伸ばすためには、どのような食事を取ればよいのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすためにとる食事とは、必要な栄養素を含んだ食品ということです。

 

 

身長を伸ばすために必要な栄養素と、その栄養素が含まれる食品です。

 

 

@タンパク質
体を成長させるために必要とされる、重要な栄養素のひとつです。
骨を作り身長を伸ばす効果があります。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

欧米人とアジア人との身長の差は、肉の食べる量の差とも言われています。

 

 

タンパク質を多く取りすぎると、肥満になってしまいます。
肥満になると身長の伸びが衰えてしまうので、注意しましょう。

 

 

Aカルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。
丈夫な骨を作ります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりする働きがあります。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

CビタミンD
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を強固にするのを助けます。

 

 

ビタミンDを多く含む食品
・きのこ類(しいたけ、椎茸、きくらげなど)
・魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、鮭など)

 

 

C亜鉛
骨の成長を助ける働きがあるとされています。
亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

細胞分裂やDNAの合成に亜鉛が必要であると言われています。
赤ちゃんに与える最初の母乳に多く含まれているようです。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

これらの身長を伸ばす栄養素を含む食品をバランスよくとることが重要なのです。
取りすぎると悪影響がでる場合もあります。

 

 

■身長を伸ばすための運動

 

身長を伸ばすためには、どのような運動をすればよいのでしょうか。

 

 

 

バレー選手やバスケット選手は長身の選手が多くいます。
ジャンプを行えば身長は伸びるのでしょうか。

 

 

身長が伸びるのは、骨の端にある「骨端線」と呼ばれる部分が成長している
からです。

 

 

よって、骨髄線がある関節部分に刺激を与える運動が効果があると言われて
います。

 

 

ランニングやジャンプを行うと、関節に対して縦方向に刺激が与えられます。

 

 

また、水泳などを行うと体中の関節を動かす効果があります。

 

 

このような運動が良いのですが、運動しすぎると関節を痛め、逆効果に
なります。

 

 

筋肉を付けすぎると、身長が伸びるのを抑えてしまうので、よくありません。

 

 

■身長を伸ばすための睡眠

 

身長を伸ばすことと、睡眠とは関係があるのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばす働きを行っているホルモンがあります。

 

 

脳の下垂体から分泌されている、成長ホルモンです。
このホルモンが無いと身長は伸びません。

 

 

成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されています。
よって、十分な時間の深い睡眠が必要なのです。

 

 

幼児期(1〜3歳)では、12〜14時間。
4〜6歳では、10〜13時間。 6〜12歳では、10〜11時間。
13〜18歳では、8.5〜9.5時間の睡眠時間が奨励されています。

 

 

■もう一つ必要な事

 

身長を伸ばすために、もう一つ必要な事とは。

 

 

 

身長を伸ばすためには、精神的なストレスなども影響します。

 

 

ストレスや悩みなどがあると、身長の伸びに影響を及ぼします。
運動や睡眠でストレスを発散させることが必要となります。

 

 

しかし、悩みごとなどは簡単には解消できません。

 

 

そこで、もう一つ必要なのは子供への親の愛です。

 

 

悩みごとがあるようなら相談相手になってあげたり、ストレスを発散
させるように家族旅行などもよいでしょう。

 

 

食事も家族一緒に楽しく食べるほうが、おいしく感じるし、食も進みます。

 

 

子供の身長を伸ばすには、親の愛が必要なのです。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?