子供の身長を伸ばすための病院はあるのか

子供の身長を伸ばすための病院はあるのか

■子供の身長を伸ばす病院

 

子供の身長を伸ばしてくれる病院はあるのでしょうか。

 

 

 

 

あと数センチ身長を伸ばしたい! という人は多くいると思います。
身長を伸ばしてくれる病院は、あるのでしょうか。

 

 

残念ながら、健康な状態の子供の身長を伸ばしてくれる病院は、
ありません。

 

 

身長を伸ばすための薬はありません。
身長を伸ばす指令を行うホルモンはあります。
成長ホルモンという脳の前葉頭から分泌されるホルモンです。

 

 

成長ホルモンが無くては、人は大きくなれません。
逆に成長ホルモンの分泌が多すぎると、巨人病という大きくなりすぎる
病気になったりします。

 

 

成長ホルモンが分泌されなくなる病気があります。
低身長と言われる、同年齢の100人中2番目に低い子よりも低い
身長のことです。

 

 

病気で低身長の子供に対して、医療機関では成長ホルモンを投薬する
治療を行います。

 

 

実際には毎晩、親か自分が注射器で投薬します。
成長期が終わるまで投薬は続けます。

 

 

成長ホルモンを投薬すると、低身長の子供は身長が大きくなることが
多いようです。

 

 

サッカーのメッシが、身長が低くて悩んでいたところ、おそらく
成長ホルモンを投薬して大きくなったという、うわさがあります。

 

 

成長ホルモンは、低身長の病気の子供に対して処方されますが、
健康で低身長ではない子供に対しては、処方されません。

 

 

■医療機関で処方される病気

 

医療機関で成長ホルモンを処方される病気とは、何でしょうか。

 

 

 

体の病気により低身長となるものには、以下のものがあります。

 

 

@成長ホルモンの分泌が異常
骨の成長を促す成長ホルモンが正しく分泌されていないことによるものです。

 

 

成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるものですが、脳に外傷や腫瘍など
があることが原因で、正しく分泌されない場合があります。

 

 

A甲状腺ホルモンの分泌が異常
成長ホルモンと同じく骨の成長を促す甲状腺ホルモンが正しく分泌されてない
ことによるものです。

 

 

甲状腺ホルモンは、喉仏の下にある甲状腺から分泌されますが、分泌の指令を出す
下垂体の異常や甲状腺自体の異常が原因です。

 

 

B子宮内での発育不全によるもの
母親の子宮内で十分に発育していないことが原因となるものです。

 

 

SGA性低身長症と呼ばれているものです。
SGA(Small for Gestational Age)

 

 

母親の子宮内で十分に発育しなかった結果、標準の身長、体重よりも
小さい赤ちゃんが生まれてしまいます。
未熟児と呼ばれている赤ちゃんです。

 

 

3歳くらいまでには、標準の身長、体重に戻ることが多いですが、まれに
身長が伸びず、低身長となってしまう子供がいます。

 

 

C骨や染色体の先天的な異常
先天的に骨や染色体に異常がある場合に低身長となります。

 

 

・軟骨異栄養症
1万人に0.5人〜1.5人の割合で発症します。

 

 

骨の軟骨細胞が増えにくいという障害のため、手足の短い四肢短縮型の低身長を起こす病気です。

 

 

・ターナー症候群
2000人に1人の割合で女児に発症します。

 

 

X染色体に欠損が見られるもので、卵巣の発育が悪くなる症状があり思春期がなく、低身長になったり、
心臓病や難聴などの合併症が起こる病気です。

 

 

・プラダー・ウィリー症候群
1万人に1人の割合で発症します。

 

 

15番染色体の異常によるもので、低身長や性腺の発育不全などの症状があります。
また、肥満や発達障害などの症状がある場合もあります。

 

 

これらの病気の治療の際に、成長ホルモンが処方されます。

 

 

■病院での身長の診察

 

病院で、今より身長が伸びるかを診察してもらえるのでしょうか。

 

 

 

今より身長を伸ばす治療はできないならば、今以上に身長が伸びるかどうかを診断して
もらうことは、できるのでしょうか。

 

 

低身長で体に異常があるかどうかの検査に、手の骨のレントゲンを撮る検査があります。
骨の成長の具合を、手の骨のレントゲンで検査します。
このレントゲンで、骨の状態と関節の状態の異常が診察できます。

 

 

人の身長が伸びるのは、骨の端にある「骨端線」と呼ばれる部分が成長している
ためです。

 

 

関節の骨端線の状態を、そのレントゲンで見ることができます。
骨端線が閉鎖して硬くなってしまえば、身長はもう伸びません。

 

 

その診察だけを整形外科や外科などの医療機関で行ってくれるかどうかは、わかりません。

 

 

けがをしてレントゲンを撮った際に聞いてみるのも、一つの手かもしれません。

 

 

しかし、医者によりレントゲンで骨端線の状況の診断が、どの程度信頼できるかどうかは
不明です。

 

 

■身長を伸ばしてくれる所

 

身長を伸ばしてくれるような所は、あるのでしょうか。

 

 

 

医療機関でなく、身長を伸ばしてくれるところがあるそうです。

 

 

人には、隠れ身長というのが存在するそうです。

 

 

全ての人にあるかどうかはわかりませんが、姿勢が悪い人、猫背の人などには、
隠れ身長が、多く存在するそうです。

 

 

姿勢をよくするために、ストレッチをしたり、矯正をする効果により、隠れ身長が
伸び、身長がその分伸びるのです。

 

 

医療機関でも整形外科などで、矯正などは行ってくれるかもしれません。

 

 

医療機関ではなく、矯正してくれる所があります。
また、ストレッチなども教えてくれる所もあります。

 

 

指圧やマッサージを行っているところで聞いてみるのもよいかもしれません。

 

 

ただ、子供であれば、あまり強引に矯正するような所はやめた方がよいかもしれま
せん。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?