子供の身長を伸ばす方法

子供の身長を伸ばす方法

■子供の身長を伸ばす方法

 

子供の身長を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

 

子供の身長を伸ばす方法は?
と言っても誰でも効果があるわけではありません。

 

 

子供には成長期があります。
身長が伸びるのは、その成長期の時期だけです。
成長期が終わると、身長は伸びません。

 

 

身長が伸びるのは、骨の端にある「骨端線」と呼ばれる部分が成長している
ためです。

 

 

この骨端線が閉鎖してしまうと、骨の成長が無くなり、身長の伸びは止まって
しまいます。

 

 

成長期が終わると、骨端線が閉鎖してしますのです。

 

 

成長期の時期に、身長をどれだけ伸ばすかがポイントなのですが、伸び方は
子供によりまちまちです。

 

 

特に男の子の場合は、短期間でものすごく伸びる子がいます。
身長を伸ばすために何か特別なことを行ったのでしょうか。

 

 

いいえ、特別なことを行わなくても伸びることが多いのです。

 

 

しかし、身長を伸ばすために効果的な方法を知っていれば、さらに伸ばす
ことができるかもしれません。
身長が伸びなくて困っている親子にも、きっかけが見つかるかもしれません。

 

 

身長を効果的に伸ばす方法とは、どのようなものでしょうか。

 

 

簡単に言うと、食べて、寝て、遊べという子供らしいことをすれば、身長は
伸びるのです。

 

 

■身長を伸ばす食べ物

 

身長を伸ばすための食べ物とは何でしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすために取らないといけない栄養素があるのです。

 

 

その必要な栄養素とは、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛
の5つが主なものとされています。

 

 

それぞれの栄養素の働きと、その栄養素が含まれる食品です。

 

 

@タンパク質を多く含む食べ物
タンパク質は体を作る大切な栄養素です。 小さい頃から多く取らないといけません。

 

 

肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉など)、魚類、豆類(豆腐、納豆、油揚げなど)、
乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、たまご

 

 

Aカルシウムを多く含む食べ物
カルシウムは、骨を丈夫にする働きがあります。
年を取ってもカルシウムを取らないと、骨粗しょう症という骨がもろくなる
結果となります。

 

 

乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、海産物(海藻、小魚など)、
野菜(小松菜、大根の葉っぱ、チンゲン菜、切干大根など)、大豆製品(豆腐、油揚げ、
納豆など)

 

 

Bマグネシウムを多く含む食べ物
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりするので、背を伸ばす効果が
あると言われています。

 

豆類(豆腐、納豆、インゲン豆など)、魚介類(牡蠣、あさり、イワシなど)、
種実類(胡麻、クルミなど)、野菜類(ほうれん草など)

 

 

CビタミンDを多く含む食べ物
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を形成するのを助けます。

 

 

きのこ類(しいたけ、椎茸、きくらげなど)、魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、
鮭など)

 

 

D亜鉛を多く含む食べ物
亜鉛は骨の成長を助ける大切な栄養素です。
また、亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

魚介類(牡蠣、煮干しなど)、肉類(レバー、赤身の肉など)豆類(きなこ、納豆など)、
種実類(ナッツ類、くるみ、カシューナッツ、ごまなど)

 

 

いつも食べているから大丈夫だなというのは間違いです。
これらの栄養素をバランスよく取ることが重要なのです。

 

 

食べすぎて肥満になると、身長の伸びが悪くなってしまいます。
食べる量や時間を決めることと、糖質や脂質を減らしたりする料理の工夫も大切なのです。

 

 

■身長を伸ばす睡眠

 

身長を伸ばすのに睡眠は意味があるのでしょうか。

 

 

 

寝る子は育つということわざを聞いたことがあるでしょう。
これには理由があるのです。

 

 

身長を伸ばす働きを指示する体のメッセージがあるのです。
それは、成長ホルモンと呼ばれているものです。

 

 

成長ホルモンは、脳の下垂体という箇所から分泌されます。
この成長ホルモンが無いと、身長を伸ばすことができないのです。

 

 

脳の異常や染色体の異常などの体の病気が原因で、成長ホルモンが分泌されない
子供がいます。

 

 

その子供は、低身長と言われる身長が低いままで伸びない症状なのです。

 

 

このように身長を伸ばすために必要な成長ホルモンですが、多く分泌されるのは、
就寝中なのです。

 

 

特にノンレム睡眠と言われる深い眠りの時間に多く分泌されます。
ノンレム睡眠は、浅い眠りのレム睡眠と睡眠中、交互に繰り返します。

 

 

よって、睡眠時間が長いとノンレム睡眠の時間が増え、成長ホルモンの分泌も
増えるということです。

 

 

いっぱい寝る子は育つというのは、ここからわかります。

 

 

■身長を伸ばす遊び

 

身長を伸ばすために遊びが必要なのでしょうか。

 

 

 

ここで言う遊びとは、座ってするカードゲームやテレビゲームのことではありません。
屋外で、いっぱい体を動かして遊べということです。

 

 

屋外で太陽の光を浴びることで、成長に必要な栄養素であるビタミンDを作成する
ことができます。

 

 

いっぱい体を動かすことで、お腹が空き、食事をしっかり食べることができるのです。

 

 

また、体をいっぱい動かすと疲れるので、十分な睡眠を取ることができます。
さらに、体を動かすことで骨端線を刺激し、骨の成長を促進させます。

 

 

身長を伸ばすには、しっかり食べて、しっかり寝て、しっかり遊びましょう。

 

 


関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?