子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか

子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか

■子供の身長を伸ばすための飲み物

 

子供の身長を伸ばすための、飲み物はあるのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすためには、次のことが必要です。

 

 

@必要な栄養素を取る
背を伸ばすために必要とされる栄養素を含んだ食べ物を食べる。

 

 

身長を伸ばすための栄養素とは、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、
ビタミンDの5つが主に必要とされています。

 

 

それぞれの栄養素を含む食べ物をバランスよく取りましょう。

 

 

A十分な睡眠を取る
十分な睡眠を取ることが大切です。

 

 

睡眠中に成長を促す、成長ホルモンが分泌されます。
寝る子は育つということです。

 

 

B十分な運動をする
屋外で十分に体を動かすことが、大切です。

 

 

屋外で紫外線を浴びることで、成長に必要なビタミンDが生成されます。

 

 

運動をすることで、食欲が増し、十分な睡眠も得られます。

 

 

成長に必要な栄養素を飲み物で取ることができるのでしょうか。

 

 

まずは、必要な栄養素を含む食べ物を見てみましょう。

 

 

■成長に必要な栄養素を含む食品

 

成長に必要な栄養素を含む食品には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすための栄養素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、
ビタミンDの5つですが、それらを含む食品です。

 

 

@タンパク質
体を成長させるために重要な栄養素のひとつです。
体を作り、骨を作ります。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

Aカルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりする働きがあります。

 

 

カルシウムとバランスよくとることで、働きが活発になります。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

CビタミンD
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を強固にするのを助けます。

 

 

ビタミンDを多く含む食品
・きのこ類(しいたけ、椎茸、きくらげなど)
・魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、鮭など)

 

 

D亜鉛
骨の成長を助ける働きがあるとされています。
亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

この中で、飲み物となる牛乳と豆乳の成分を見てみましょう。

 

 

■牛乳と豆乳の栄養素

 

牛乳や豆乳にはどのような栄養素があるのでしょうか。

 

 

 

牛乳と豆乳に含まれる栄養素です。

 

 

@牛乳200mlに含まれる主な栄養素
タンパク質  6.8g
脂質     7.8g
炭水化物   9.9g
灰分     1.4g
ナトリウム   85mg
カリウム   310mg
カルシウム  227mg
マグネシウム  21mg
リン     192mg
鉄分     0.04mg
亜鉛     0.8mg
銅      0.02mg
ビタミンD  0.6μg
ビタミンE  0.2μg
ビタミンK   4μg

ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.31mg
ビタミンC   2mg

 

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDすべてを含んで
いますね。

 

 

しかし、牛乳だけを飲めばよいということにはなりません。

 

 

牛乳に含まれているタンパク質は、乳酸やカゼインと言う分子が大きい成分です。

 

 

分子が大きいということは、分解/吸収に時間がかかるということです。

 

 

よって、牛乳を飲みすぎると、腸の悪い子供は特に腸での吸収トラブルを
起こします。
そして、腸に負担がかかり、牛乳貧血と言われる状態となってしまいます。

 

 

牛乳貧血になると、骨の軟骨や血液の量を増やしにくくなってしまうのです。

 

 

牛乳には背を伸ばすための栄養素が多く含まれているのですが、飲みすぎない
程度に飲むことがポイントです。

 

 

飲むヨーグルトなども乳製品なので、牛乳と同様です。

 

 

A豆乳200gに含まれる主な栄養素
タンパク質     3.6g
炭水化物      3.1g
脂質          2g
ナトリウム      2mg
カリウム     190mg
カルシウム     15mg
鉄分       1.2mg
マグネシウム    25mg
ビタミンB6   0.1mg

 

 

こちらも、タンパク質、カルシウム、マグネシウムを豊富に含んでいます。

 

 

しかし、豆乳を飲みすぎても悪影響があるのです。
一番の悪影響は、ホルモンバランスの乱れです。

 

 

豆乳に含まれる豆乳イソフラボンは、効果的に摂取するとホルモンバランスを整えて
くれますが、取りすぎるとバランスを失って、吸収されているものが減少する場合が
あるのです。

 

 

男性の場合は、ニキビや体臭の原因になります。
女性の場合は、生理不順の原因になることがあるのです。

 

 

■飲み物で効果的に栄養素を取る方法

 

飲み物として、効果的に栄養素を取る方法があるのです。

 

 

 

例えばセノビックという、子供向きのサプリメントがあります。
これは商品の粉末を10g〜20gを牛乳に溶かして飲む形式のものです。

 

 

ミルクココア味、いちごミルク味、ヨーグルト味、ポタージュ味、プロテインinバナナ味
の5つの味があり、飽きずに飲むことができます。

 

 

セノビックには、以下の成分が含まれています。

 

 

@カルシウム
セノビックには、規定の割合で調合したコップ2杯分で1日あたりの摂取基準値
の86%を摂取できるカルシウムが含まれています。

 

 

AビタミンD
カルシウムの吸収を促進する働きがあります。

 

 

B鉄分
赤血球をつくるのに必要な栄養素です。

 

 

全身に酸素を運ぶための赤血球をつくります。
そのため、鉄分が不足すると、貧血になります。

 

 

Cボーンペップ
栄養素が豊富に含まれる卵から生成した卵黄ペプチドです。

 

 

卵には、成長に必要なタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などが
豊富に含まれています。

 

 

D乳清プロテイン
牛乳から得られるタンパク質です。

 

 

Eオリゴミル(ミルクペプチド)
牛乳のタンパク質を分解して作られるペプチド混合物です。

 

 

ペプチド混合物とは、タンパク質を構成するアミノ酸が複数(2〜20個)
つながった物質のことです。

 

 

ミルクココア味に含まれています。

 

 

他にセノビックは、2種類のミネラル(ナトリウム、カルシウム)と5種類以上
のビタミン(ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、
ビタミンB6、ビタミンD)を含んでいます。

 

 

これらを牛乳に含まれる栄養素といっしょに取れるのですから、背を伸ばすのには
効果的な飲み物かもしれません。

 

 

しかし、飲みすぎると牛乳と同じ結果となるでしょう。
やはり、食べ物もしっかり食べた方がよいということでしょうか。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?