子供の背を伸ばすための食事とは

子供の背を伸ばすための食事とは

■背を伸ばすための食事

 

背を伸ばすためには、どのような食事をすればよいのでしょうか。

 

 

 

子供が成長期にどのような食事をすれば、背がおおきくなるので
しょうか。

 

 

背を伸ばすために必要とされる栄養素があります。

 

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDの5つが
主に必要と言われています。

 

 

これらの5種類の栄養素が含まれる食べ物を食べればよいのですが、
何点か注意しないといけないことがあります。

 

 

@肥満になると背の伸びが悪くなる
肥満にならないように気をつけないといけません。

 

 

A栄養のバランスを考える
5種類の栄養素の中で、取得する比率を考えないといけないものが
るのです。

 

 

B食事の取り方を守る
一日の規則正しい食事のリズムを作りましょう。

 

 

■背を伸ばすのに必要な栄養素と食材

 

背を伸ばすのに必要な栄養素とそれが含まれる食材です。

 

 

 

背を伸ばすために必要な栄養素である、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、
亜鉛、ビタミンDを含む食材です。

 

 

@タンパク質
体を成長させるために重要な栄養素のひとつです。
体を作り、骨を作ります。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

Aカルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりする働きがあります。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

CビタミンD
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を強固にするのを助けます。

 

 

ビタミンDを多く含む食品
・きのこ類(しいたけ、椎茸、きくらげなど)
・魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、鮭など)

 

 

C亜鉛
骨の成長を助ける働きがあるとされています。
亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

■肥満にならないためにはどうすればよいか

 

肥満にならないようにするためには、何に気をつければよいのでしょうか。

 

 

 

肥満にならないように心がけることは、次のことがあります。

 

 

@タンパク質を取る時の注意
タンパク質を多くとると肥満の原因になります。

 

 

また、タンパク質を多く含む肉類は、脂質も多く含んでいます。
脂質を多く取っても肥満になるので、赤身の肉を選んだり、脂身を多く
食べないようにしましょう。

 

 

高タンパク、低カロリーが理想です。

 

 

A炭水化物、糖分を多くとりすぎない
ご飯やパンに含まれる炭水化物は、多くとると体に蓄積されます。
糖分も同様です。

 

 

皮下脂肪となる大きな要因なので、取りすぎないようにしましょう。

 

 

B食べ過ぎない
とにかく食べすぎはよくありません。

 

 

おやつや夜食なども食べすぎないようにしましょう。

 

 

■栄養のバランスを考える

 

栄養素のバランスで気をつけないといけないことがあるのです。

 

 

 

気をつけないといけないのは、カルシウムとマグネシウムの配分です。
カルシウムとマグネシウムには、食べる際のバランスがあるのです。

 

 

カルシウムとマグネシウムはバランスよく取らないと、体によくない症状が出る
ということが分かってきました。

 

 

カルシウムを取りすぎると、カルシウムの影響で動脈硬化や心臓病の恐れがある
のです。

 

 

マグネシウムは血管を広げる効果があるので、このカルシウムの影響を防ぐことが
できるのです。

 

 

逆に、マグネシウムが多い場合は、カルシウムを取っても骨からカルシウムが溶け
出してしまい、骨折や骨粗しょう症の原因となります。

 

 

摂取する割合は、カルシウム2に対してマグネシウム1が理想のバランスです。

 

 

■食事の取り方を守る

 

一日の食事の取り方のリズムをつくりましょう。

 

 

 

まずは、朝昼晩の3食をきちんと食べましょう。

 

 

朝食を抜く人がいますが、人は寝ている間にもエネルギーを消費しています。
朝起きた時には、エネルギーを補充しないといけないのです。

 

 

また、お腹の中が空っぽの状態なので、朝食を抜くと、力が出てこなくなり、
集中力も欠きます。
朝食は食べないといけない大切な食事なのです。

 

 

空腹なので、一日で一番、栄養を吸収しやすい状態の食事となります。

 

 

おやつを食べすぎて、夕食が食べられないという子もいます。
気をつけましょう。

 

 

また、外で運動をすることで夕食が、おいしく感じられ、しっかり食べられる
ようになります。

 

 

運動もしっかり行いましょう。

 

 

寝る前に夜食などを食べるのは、睡眠中に胃の中に食べ物が残るので、深い
睡眠が得られません。

 

 

成長期の子供は、睡眠中に成長を促す成長ホルモンが分泌されます。

 

 

十分な睡眠時間と深い睡眠が得られるように心がけましょう。

 

 

そして、一日三食に成長に必要な栄養素を含む食事をしっかりとることが大切です。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?