子供の身長を伸ばすための朝食は?

子供の身長を伸ばすための朝食は?

■身長を伸ばすための朝食とは

 

身長を伸ばすために、朝食はどのようなものを食べればよいのでしょうか。

 

 

 

身長を伸ばすためには。必要な栄養素を含んだ食事を食べないといけません。
一日三食をしっかりと食べないといけないのですが、朝食は特に重要なポイント
となります。

 

 

人は寝ている間にもエネルギーを消費しています。
朝起きた時には、エネルギーを補充しないといけないのです。

 

 

また、お腹の中が空っぽの状態なので、朝食を抜くと、力が出てこなくなり、
集中力も欠きます。
朝食は食べないといけない大切な食事なのです。

 

 

空腹なので、一日で一番、栄養を吸収しやすい状態の食事となります。

 

 

身長を伸ばすための栄養素を含んだ食べ物をしっかりとることが大切です。

 

 

身長を伸ばすための栄養素とは、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、
ビタミンDの5つが主に必要とされています。

 

 

@タンパク質
体を成長させるために重要な栄養素のひとつです。
体を作り、骨を作ります。

 

 

タンパク質を多く含む食品
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)
・魚貝類(魚、エビ、貝など)
・その他(納豆、豆腐、卵など)

 

 

Aカルシウム
カルシウムは、骨を強くするはたらきがあります。

 

 

カルシウムを多く含む食品
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(小魚、干しエビ、わかめ、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・その他(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

 

Bマグネシウム
体のバランスを整え新陳代謝を促すと最近注目されている栄養素です。
骨の強度を高める働きや、タンパク質の合成を高めたりする働きがあります。

 

 

カルシウムとバランスよくとることで、働きが活発になります。

 

 

マグネシウムを多く含む食品
・ナッツ類(アーモンド、落花生、インゲン豆など)
・その他(牡蠣(かき)、ほうれん草、カツオなど)

 

 

CビタミンD
カルシムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムが骨を強固にするのを助けます。

 

 

ビタミンDを多く含む食品
・きのこ類(しいたけ、椎茸、きくらげなど)
・魚介類(イワシ、カツオ、さんま、ぶり、鮭など)

 

 

C亜鉛
骨の成長を助ける働きがあるとされています。
亜鉛は代謝をスムーズにする働きがあるので、質の良い骨づくりを助けます。

 

 

亜鉛を多く含む食品
・牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなど

 

 

■朝食の役割り

 

朝食には、どのような役割りがあるのでしょうか。

 

 

 

朝食の役割りには3つのポイントがあります。

 

 

@脳のエネルギー源であるブドウ糖の補給
ブドウ糖を補給することで、脳がスムーズに働き始めます。

 

 

ブドウ糖は体内に多くを貯蔵することができないので、朝起きた際には、不足している
ことが多いのです。

 

 

朝食でブドウ糖を補給しないと、ボーッとした状態になってしまします。
午前中の勉強や仕事に集中することができなくなります。

 

 

ブドウ糖は、ご飯やパンなどから摂取します。
ご飯やパンに含まれているでんぷんが消化吸収され、ブドウ糖になります。

 

 

ブドウ糖をとると、血糖値が上がるので、脳の働きが活発になります。

 

 

血液中のブドウ糖は、2〜3時間で消費されてしまいます。
そのため、昼食の2〜3時間前までに朝食を食べるのがよいでしょう。

 

 

A体温上昇による代謝の活性化
体温を上昇させて、一日のやる気を作ります。

 

 

朝食を食べることで、体温が上昇します。
体温が上がると、血行がよくなり、体の調子が上がります。

 

 

体温を上げるために必要な食事は、タンパク質です。
タンパク質を含んだ食べ物を取るようにしましょう。

 

 

B排便の習慣をつくる
排便をする時間を一定にすることで、体のリズム整えられます。

 

 

朝に排便することで、体が軽くなり、一日を過ごしやすくすることができます。

 

 

学校や会社などの出先で、排便するのは少し恥ずかしかったりするし、トイレへ行く
時間が無かったりすると困りますからね。

 

 

排便を促すには、食物繊維を取ることが大切です。
ヨーグルトなどの乳酸菌には、胃腸の活動をスムーズにさせる効果もあります。

 

 

■朝食のおすすめレシピ

 

朝食のおすすめレシピは何でしょうか。

 

 

 

朝食にお勧めのレシピの例です。

 

 

・雑穀ご飯、卵、納豆、牛乳、フルーツ入りヨーグルト

 

 

・全粒粉パン、卵、サラダ、牛乳、フルーツ入りヨーグルト

 

 

学校や会社へ出かけないといけないので、早く食べられるものがポイントです。
フルーツ入りヨーグルトは、血糖値がゆっくり上昇するグレープフルーツやキウイなど
がお勧めです。

 

 

ご飯は粒食なので、パンや麺に比べてゆっくりと消化吸収されます。
脳へのブドウ糖のエネルギー供給が長時間持続するのでオススメです。

 

 

白米ではなく雑穀ご飯にすると、血糖値がゆっくりと上昇させることができます。

 

 

食後に血糖値が急上昇すると、インスリンが過剰分泌され、ブドウ糖を筋肉や脂肪の
細胞へ吸収されず余ってしまいます。

 

 

余ったブドウ糖は、中性脂肪に変わってしまうので、肥満の原因となります。

 

 

パンや麺も一緒に食物繊維を摂ることで、含まれる糖分の消化吸収が 緩やかにする
ことができます。

 

 

パンを全粒粉やライ麦にしたり、食物繊維を摂れる副菜(野菜、海藻、きのこなど)を
組み合わせるとよいでしょう。

 

 

うどんには山菜やワカメ、きのこを入れるなどして食べるようにすればよいでしょう。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?