子供の身長を伸ばすための睡眠とは?

子供の身長を伸ばすための睡眠とは?

■背を伸ばすのに睡眠は必要?

 

背を伸ばすために睡眠は必要なのでしょうか。

 

 

 

寝る子は育つと言います。
寝ることは、一日の疲れを取るために絶対必要なのは当然ですが
背を伸ばす効果はあるのでしょうか。

 

 

子供の身長を伸ばすためには、もちろん十分な栄養の食事を取ることや
運動などが必要です。
しかし、体の中で身長を伸ばすための働きをするものがあるのです。

 

 

それは、「成長ホルモン」と言われているものです。

 

 

成長ホルモンは、頭の中の脳下垂体前葉にあるGH分泌細胞という所から
分泌されるホルモンです。

 

 

成長ホルモンは、背を伸ばすために骨を作る効果と筋肉などを育成する効果
の働きをします。
これにより成長期の子供は大きくなることができるのです。

 

 

体に障害があり成長ホルモンが分泌されないと、大きくなれず低身長と言われる
体になってしまいます。

 

 

その場合、低身長の子供に成長ホルモンを投薬すると、身長が伸ばせる治療を行う
ことができます。

 

 

また、それだけでなく成長ホルモンには、体の新陳代謝を促す作用があるので、
大人や、高齢者になっても成長ホルモンは、欠かせない大切なホルモンなのです。

 

 

大人になって、成長ホルモンが十分に分泌されないと、太りやすくなる、肌が
老化する、疲れがとれない、病気になりやすい、などの症状がでてきます。

 

 

成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。
だから、十分な睡眠が背を伸ばすには必要なのです。

 

 

■必要な睡眠時間

 

年齢により必要な睡眠時間はどれくらいでしょうか。

 

 

 

睡眠は背を伸ばす機能を持つ成長ホルモンを分泌させるのに必要ですが
どれくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか。

 

 

近年、ゲームやスマホなどを行ったり、塾や勉強などで就寝時間が遅く
なるという傾向となっています。

 

 

近年の子供の睡眠時間の実態について、以下のようなデータが発表されて
います。

 

 

@22時以降に寝る幼児の割合は、3歳児で31%、4歳児で26%、
5歳児で25%にのぼる。

 

 

A小学生の平均睡眠時間は、1970年が9時間23分だったのに対し、
2000年には40分も短縮し、8時間43分に。

 

 

B小学校高学年〜中学性(10〜14歳)の、2011年の平均睡眠時間は
8時間35分。
また、平日の平均就寝時刻は22時24分、平均起床時刻は6時38分。

 

 

問題ないと思えますが、他国の子供と比べると、大変短いのです。

 

 

必要な睡眠時間の目安として、年齢別に表示します。

 

 

  年齢    理想とされる睡眠時間
@1?3歳   12?14時間
A4?6歳   10?13時間
B7?12歳   10?11時間
C13?18歳   8?9時間

 

 

しかし、睡眠時間だけでなく成長ホルモンを多く分泌させるための
睡眠方法があるのです。

 

 

 

■成長ホルモンを多く分泌させるには

 

成長ホルモンを多く分泌させるためには、どのような睡眠が必要なのでしょうか。

 

 

 

背を伸ばすために欠かせない成長ホルモンですが、睡眠中に多く分泌されます。

 

 

睡眠には2種類あります。
レム睡眠とノンレム睡眠です。

 

 

レム睡眠は浅い眠りの状態で、ノンレム睡眠は深い眠りの状態です。
夢を見るのはレム睡眠の状態の時です。

 

 

成長ホルモンが分泌されるのは、ノンレム睡眠の深い眠りの状態の時に特に多く
分泌されます。

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠は、約1時間30分ごとに入れ替わる状態となります。
レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは、一晩に約4〜5回繰り返します。

 

 

よって、睡眠時間が長いほどノンレム睡眠の時間が長くなることとなります。

 

 

眠りについた直後は、レム睡眠の状態です。 
その後1時間30分後にノンレム睡眠の状態となります。

 

 

この1回目のノンレム睡眠と3時間後に訪れる2回目のノンレム睡眠の状態の時に
成長ホルモンが最も多く分泌されます。

 

 

すなわち、いかに良い状態で眠りにつけるかということが重要なポイントとなる
のです。

 

 

よって以下のことに注意しましょう。

 

 

@寝る2〜3時間前からは食物を食べないこと
胃に食べ物が残っていると、体が休息できないので、熟睡することができません。

 

 

成長ホルモンは、空腹の状態の時に多く分泌されるのです。
よって、空腹の状態で眠りにつくのが大切です。

 

 

A就寝時にテレビを見たりゲームやスマホはやめましょう
強い光があると、目や脳に刺激を与えるので、熟睡することができません。

 

 

寝る30分前には、何もしない状態がベストです。
勉強も控えたほうが良いのですが・・・

 

 

寝る際には明かりを消して真っ暗の状態が、目や脳に刺激を与えません。

 

 

Bリラックスして寝る工夫を行う
リラックスした状態で就寝できるように心がけましょう。

 

 

ぬるま湯にゆっくり入浴したり、軽めのストレッチなど効果的です。
リラックスできる音楽を聴きながら寝るというのもいいでしょう。

 

 

枕やマットなどの寝具を自分に合ったものにするなどの調整も必要な
ポイントです。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の背を伸ばすストレッチとは?
子供の身長を伸ばすブログは?