子供の背を伸ばすストレッチとは?

子供の背を伸ばすストレッチとは?

■身長を伸ばすためのストレッチ

 

身長を伸ばすためのストレッチはあるのでしょうか。

 

 

 

ストレッチは、体を柔らかくしたり、けがの予防などの対策として
取り入れらています。

 

 

運動する前や後、朝起きた時や寝る前などに行うと効果があると
されています。

 

 

身長を伸ばすというストレッチは、残念ながら無いようです。

 

 

しかしストレッチの効果により、ある人たちは背が伸びることがある
ようです。

 

 

人には、隠れ身長というものを持っている人が多いようです。
隠れ身長とは、姿勢が悪かったりするために、身長がその分低くなって
しまう状態のことです。

 

 

隠れ身長は、人により違いますが、数センチほどあるそうです。

 

 

姿勢が悪いという状態は、猫背などがあてはまります。
最近は、スマホやゲームなどを行う機会が多いので、体制が悪くなり
猫背になる人も多いようです。

 

 

子供なので、骨が固まってしまっているということはないので、
ストレッチで猫背を直すと、背を伸ばす結果になるかもしれません。

 

 

■猫背とは

 

猫背とは、どのような状態なのでしょうか。

 

 

 

猫背とは、まる猫背とも言い、肩甲骨から背中が丸まってしまう状態です。。

 

 

背骨は、元々まっすぐではありません。
背骨は首(頚椎)、胸(胸椎)、腰(腰椎)、お尻(仙骨)尻尾(尾骨)と
いくつかの箇所に分かれています。

 

それらが組み合わさって、 全体的には「Sの字」を描くのが正しい姿勢です。

 

 

その中で胸の胸椎の背骨は、正常な状態であれば後ろに反る形で弯曲して
います。

 

 

しかし、その後ろへの弯曲が強くなって背中が丸まり、肩や頭が前に出てしまう
状態が猫背という姿勢になります。

 

 

猫背になると、腰へ負担がかかりますが、それだけでなく、内臓が圧迫されるので
消化が悪くなったり、血流が悪くなったりすることもあります。

 

 

パソコン操作をするような、座って下を向く姿勢が多いと猫背になりやすく
なります。

 

 

 

■猫背を直すストレッチ

 

猫背を直すためのストレッチです。

 

 

 

猫背を直すストレッチの例です。

 

 

@まっすぐ立ち、深呼吸を2回します。
息を吐く時は、ゆっくりと一日の仕事の疲れを吐き出すようにしましょう。

 

 

A肘を肩の位置まで上げ、手のひらをあわせます。

 

 

B息を吐きながら、手のひらを離し左右に向けていきます。
同時に肘を斜め下、後ろに引きましょう。

 

 

左右の肩甲骨を内側に近づけていくイメージです。
前側の胸の筋肉が張ってくるのがわかります。
二つの肩甲骨が仲良く歩みよって近づくようなイメージをしながら実施してみてください

 

 

C肩甲骨が近づいた状態で3秒止めます。息は止めず、自然に呼吸するようにしてください。

 

 

Dこれを5回繰り返しましょう。

 

 

■骨盤のストレッチ

 

猫背は腰に負担をかけるので、骨盤の位置を矯正するのも大切です。

 

 

 

骨盤が前に傾いていると、体の前後の筋肉のバランスが崩れるので、スタイルが悪く見えます。

 

 

また、内臓を圧迫するので内臓の働きが鈍り、便秘などの原因になります。

 

 

正しい骨盤の位置を確認するストレッチの例です。

 

 

@壁にかかとをつけてまっすぐ立ち、深呼吸を2回します。
吐く時は、ゆっくりと一日の仕事の疲れを吐き出すように。

 

 

A両手を腰におきます。左右の人差し指が、腰骨の上のでっぱり(上前腸骨棘)に
触れるようにします。

 

 

B壁にもたれたまま、人差し指で腸骨の出っ張りを後ろに軽く押します。
骨盤の上側が後ろに動くイメージです。親指は、骨盤を前に押します。
息を吐きながら行います。

 

 

おへその周りに少しずつ力をいれていきましょう。
お腹の筋肉に、腹圧がかかるのを意識します。
このとき、骨盤から上の部分は壁から離れないようにしてください

 

 

C最後まで動かしきったら、元の位置まで戻していきます。

 

 

Dこれを5回繰り返しましょう。

 

 

■その他のストレッチ

 

ストレッチの種類と道具を使うストレッチもあります。

 

 

 

ストレッチには2種類あります。

 

 

何秒か動きを止めて筋肉や筋を伸ばす静的ストレッチと動きながら伸ばす
動的ストレッチです。

 

 

動的ストレッチは、身体を興奮させて、運動する準備を整える場合に行います。
静的ストレッチは、身体を落ち着かせ、リラックスさせる場合に行います。

 

 

道具を使って行うストレッチもあります。

 

 

バランスボールや縄跳び、ゴムやぶら下がり器などです。

 

 

ぶら下がり健康期は、背を伸ばすと言う宣伝で発売されていました。
しかし、実際には確かな効果の結果は発表されていません。

 

 

まったく効果が無い訳ではないですが、行った方がよいのは間違いないと
思います。

 

 

ストレッチは、朝起きた後や寝る前が効果的と言われています。
しかし、外で運動できない日や疲れて外へ出たくない日などに部屋の中で
行うのも運動をする代わりになるので、よいと思います。

 

 

体を動かすことで食欲が増し、深い睡眠が得られるのも身長を伸ばす方法の
一つです。

関連ページ

子供が疲れやすく鼻血が出るときは注意しましょう
子供が疲れやすい、眠いという場合は要注意
疲れやすい子供の病気とは
子供が身長を伸ばすための運動は?
子供の身長を伸ばすサプリとは
子供の身長を伸ばすための食べ物
子供が疲れやすくなる食事とは
子供が心臓病だと疲れやすい
子供の身長が伸びないけど大丈夫?
子供の身長を伸ばす方法とは
子供の身長を伸ばすのに牛乳の効果は?
子供の身長を伸ばすためのストレッチとは
子供の身長を伸ばすためのレシピ
子供の身長を伸ばすとされるアルギニンの効果は
プロテインには子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための病院はあるのか
子供の身長を伸ばすために読む本は?
子供の身長を伸ばす方法
子供の身長を伸ばす飲み物はあるのか
子供の背を伸ばすための食事とは
子供の背を伸ばすサプリはどれ?
子供の背を伸ばすのにプロテインは有効か
子供の背を伸ばす食べ物とは
子供の背を伸ばすには
子供の身長を伸ばすための朝食は?
子供の身長を伸ばす効果がある体操は?
子供の身長を伸ばすというセノビックの効果は?
子供の身長を伸ばすための睡眠とは?
子供の身長を伸ばすためのスポーツは何?
サッカーは子供の身長を伸ばす効果があるか
子供の身長を伸ばすための食事とは
子供の身長を伸ばす薬はあるのか
子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは
子供の身長を伸ばす際の遺伝の影響は
子供の身長を伸ばすブログは?